映画・テレビ

Eテレ0655イイ!

表題の通り、「Eテレ0655」推薦のエントリー、だ。

NHK教育の朝のひととき、7時5分前を飾るこの番組、いつ始まったのかはよく解らないけど、猫丸の心を鷲掴みにしてくれた。

きゅーっ!

5分番組なので、中身はほとんど無い。
いや、普通の5分番組はニュースやら天気予報やらお腹いっぱい中身がある。

でも、この番組にはない。

あるコンテンツは三つ。

ボブ・マーリーのSoul Captivesの替え歌のオープニングの後は日めくりアニメ。ねこのうた。今月の歌。4月の今月の歌は「忘れもの撲滅委員会」。

「ねこのうた」がもうだめ、メロメロ。
沼津市在住のムックさん。どこにいるのかなー会いたいなーと思うくらい。

猫の写真20枚、飼い主の家の写真4枚、猫のご飯2枚、猫のスペシャルご飯2枚、猫のおもちゃ2枚、猫の寝床2枚、飼い主と猫4枚、猫がご飯を食べているところ2枚、猫と遊んでいるところ2枚。

この写真をCDに焼いて応募用紙と一緒に送るだけ。
猫を飼ってるみなさーん、ぜひぜひ応募してください。

猫丸的には、「どようびのにゃんこ」よりも短いし、カスタマイズされていないし、良いところ無いようなんだけど、神的に好き。
応募要項写真の注意点をよく見ると「企業名を大きく入れない」などのいかにもNHK的な制約があるものの、自由度が低いからこその作り方がされていておすすめ。

「忘れもの撲滅委員会」も大好きな歌。これからが楽しみな番組。

でも、朝は和み過ぎちゃって見ていられないので、夜、改めてみることにしている。
とかなんとか言っているうちに、夜の「Eテレ2355」の時間になる。

未だ見たことがないけど、こっちも見てみよう。うはは、楽しみー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おやすみ、フェルプス君

同じようなタイトルのウェブログエントリーがあふれるんだろうけど、とりあえず。

http://www.excite.co.jp/News/society/20100315/Kyodo_OT_CO2010031501000290.html

海外ドラマで、意識的によく見ていたのはタイムトンネルとスパイ大作戦。
もちろんピーターグレイブスさんは、猫丸の中では役者ではなくスパイ。

007ではなく、フェルプス氏がトップエージェントだった。
ご冥福をお祈りします。


それにしても、こういう事がニュースで流れた時、数分でTwitterでRT(リツイートといってなんも考えなくても脊椎反射くらいで「がーん」と来たニュースを自分の知り合いでまだこのニュースを見ていない人だけに再配信する優れた技術)してしまうので、ブログにまで至れない。

よく言われる事だけど、140文字以上の文章が書けなくなるという弊害もあるらしいけど、だからこそ、やってほしい人もいる→ときさん、あなただよ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダビング10対応

ダビング10対応さっき気が付きました。
猫丸さんちの矢沢くん(世間ではソニーのブルーレイレコーダー)の表示でも、1回ダビングから、4日以降に録画されたものは10回コピーになっていました。

凄い仕組みだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダビング10ってメリットはすぐに?

「ダビング10」開始日が7月4日午前4時に決定。Dpa発表。

なんだか、新型テレビの発売日みたいだけど、7月4日の午前4時以降の番組は、HDDからブルーレイディスクにダビングしても、そのままHDDでも再生が可能になったりするのかな。

なんだかこの、ダビング10は業界内で大騒ぎはしているけど、一般消費者でこのことを知っている人ってどのくらいいるの?
もちろん、猫丸は「知らない」方の人な訳だけれども、普通の生DVDなどの「音楽用」というのには、そういう「私的録音録画補償金」が上乗せされている事とかも、最近になって知ったような気もするし。

めんどくさいけど、音楽の違法コピーがまかり通ってしまう世の中が悪いのか、むやみやたらと音楽音源使用代金が高い日本の某著作権保護団体が悪いのか、はたまた売り上げ至上主義で単価を下げられない音楽業界全体が悪いのかは解らないから、仕方ないのかねぇ。

で、最初に戻るけど、ダビング10、恩恵はすぐに受けられるのかい?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

おき楽リモコン

おき楽リモコンブラビアリンクで矢沢のブルーレイとブラビアを繋ぐと、このリモコン一つで両方コントロールできちゃう。

しかも、2.4GHz帯の無線リモコンで与干渉距離は10m。なんと、階下にあるブラビアを寝室のベッドの上から操作できる優れ物だ。

って、絶対に意味がない機能だよね。

ラジオでやっていたジャパネットたかたでも、「ごろりと寝たまま、床にリモコンを置いたまま操作できますね」とか、説明してたけど、基本的にえらく要らない機能なのね。

テレビをみてるってことは手元のリモコンもテレビに向けられるわけで、電波である恩恵はほとんどない。

たちの悪いことにソファの上に置きっぱなしにして上にクッションが置いてあるそのまた上からオシリで踏んでもチャンネルが変わってしまう。

とことん意味がないように思っていたけど、最近になってパソコンを操作しながらテレビを見ていると目の前のパソコンや机が邪魔で、今までもリモコン操作に往生していたことを思い出した。

そーだよ、こういう時に使うんだよ。便利じゃないか。「置き楽」かどうかはわからないけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りの女優達

兎丸氏のWeblog「兎丸の好日日記」にトラックバックしています。

吹石一恵さんと言えば、猫丸の中では2004年の三谷版「新選組!」の中で浪士組が上洛した際に宿舎とした八木家の娘「ひで」を演じてた時にもってかれて以来のファンではあります。

他にも、みていて和んでしまうほどかわいいキャラクターの女優さんもふえています。
かつて、女優といえば、凜とした存在感で見るものを引き込んでしまう方が多かったと思いますけど、最近はどちらかといえば存在感は「気がつけばそこにいた」くらいの柔らかい感じの人が多いようにも思います。
猫丸もそういう人が好きですけどね。

そんな中でもお気に入りは「中里依紗」さん。
もってかれたのは、もちろん2005年の「日東電工」さんのCM。下のYou Tubeリンクの愛犬編以外にも、
それ以来、微妙な存在感で、気になり続けて、今期ドラマでは「ハチワンダイバー」で頑張ってます。
兎丸さんにもおすすめしますけど、いかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地上デジタル化完了

地上デジタル化完了「いつでも来い!2011年!」
くらいの勢いで、テレビ本体も地デジ対応してしまいました。

だって、全ての登場人物が赤ら顔のドラマなんて、みたくないし、ピカチューは黄色と相場が決まっているから。

「今年は我が家の地デジ化元年」と正月に宣言して、わずか1週間でブルーレイを導入し、この度、やむなくテレビ本体をリプレースしました。

従来のPanasonicブラウン管36インチからSONY46Vの液晶へのリプレースでした。

とはいえ、本体の「邪魔感」は、かなり軽減。
猫丸邸ではテレビセットは部屋のコーナーにおかれているため、半軒の両辺で直角を挟んだ斜辺分、つま0.9mの二乗×2の平方根である、1.27mの幅しか用意されていないわけ。

今回選んだ、KDL-46F1の左右幅は1.07mなので2cm残したぴったりサイズ。

大きい方がいいけど、そういう意味でも、家庭にあった大きさってあるわけだよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ捜査官7(セブン)

水曜夜7時からの放送といいますから、深夜枠でも何でもなく、平日ゴールデンの王道番組。
それにしても、主人公メカが携帯電話とは。「ケータイ捜査官7」おそるべし。

さらに、この番組、ソフトバンクのべったりスポンサード。
「予想ガイ」なお兄ちゃんも出るし、結構笑える。
以前、ウルトラマンのゼアスの出光とのタイアップ以上。おもちゃもちゃんと出ているし、おすすめ。

残念なのは、ソフトバンクから、セブン型の携帯電話そのものである「フォンブレイバー 815T PB」が今のところ発売されていないことだ。まぁ、出ても歩いてはくれないと思うんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パンテーンドラマスペシャル

東芝がHD-DVDを市場から撤退させ、猫丸がブルーレイのディスクの高さが緩和されるんじゃないかとほっとしている頃、パンテーンドラマスペシャルが放送されたのは、ご存じ?
今回は、「かるた小町」で、南沢奈央が主演。

南沢奈央のことは、猫丸としては「栞と紙魚子の怪奇事件簿」主演。栞さんのはじけた演技を期待していた猫丸には、ちょっと不完全燃焼な感じもしたんだけどね。もう一人の主演が「夏帆」なんだけど、こちらは「赤川次郎の四姉妹探偵団」主演。今期のドラマ二つのヒロインが合体。

パンテーンドラマスペシャルは、今年が6年目、毎年一本やってきたんだけど、たしか昨年くらいからしか見ていなかった。「パンテーン」のサイトで見てみると、水川あさみの主演ドラマから始まってる。・・・これは・・・見たぞ。
パンテーンのイメージキャラクターといえば水川あさみだから、よく解るんだけどね。みました。
昨年のも覚えてるんだけど、間に覚えがないね。残念。

・・・ところでパンテーンサイトにある「お昼のトリートメント」、「デイタイムリペアエッセンス」のサンプリングキャンペーン。猫丸の短髪ではさすがに必要ないが、家族のために応募してみる。当たると良いな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

荒川良々主演のドラマ「さば」

渡哲也主演の「マグロ」じゃなくってさ。荒川良々主演の「さば」。絶対に意識したタイトルだよね。
「マグロ」もインパクトあったよなー。大間のマグロが本当に一流ブランドとして名を馳せた感じもしたし。

でまぁ、「さば」なわけだけど、テレビ朝日が未だにサイトを開いたままにしている「マグロ」に対して、ろくなサイトもないままになっているフジテレビ。(仮面ライダーシリーズやトリックシリーズなど、テレビ朝日はサイトの保持についてはなかなかやってくれる)

きたろうと荒川良々にばあさん女装させているのも良いけど、45分かけてきたろうばあさんが井上和香に変身してしまって一週間一緒に過ごすのもすごい。

見た人がいたかどうかなんて聞いてないけど、さばの塩焼き、食べたくなったな。
ちなみに毎朝やっている「ちりとてちん(リンクはおそらく期間限定)」のロケーションである若狭小浜の「焼き鯖」もかなり食べたくなったけど、この話の塩焼き鯖もなかなかシズル感がある。焼き鯖定食食べたい。もちろんソースでなく醤油かけてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧