« 「三島バル」オフ参加者募集! | トップページ | 伊豆箱根鉄道のバス運転手にもの申す »

リコー RICOMAC 8桁計算機RC-8C

1317565903847.jpg

家の中で見つけたこれ、リコマックって何だよって調べて見た。

リコーの電卓ブランドでRC-8Cは、1975年頃の発売らしい。

ご丁寧に電池を抜いてあったので、いれて見た。

「こいつ。動くぞ。」

マニュアルなんぞが必要なはずも無く、四則計算にパーセント計算だけのシンプルさ。

ソーラーも付いてないので、ダブル電源とか言っても、ACと乾電池だし、ACアダプターなんて見当たらなかったぞ。

ちょっとトレジャーハンティングな気持ちになったけど、肝心なものは見つからなかった。
というか、ある気がしない。(笑)

|

« 「三島バル」オフ参加者募集! | トップページ | 伊豆箱根鉄道のバス運転手にもの申す »

今日の荷物」カテゴリの記事

コメント

あぁ、そのくらいの発売の
関数電卓
今娘が使っています。
取説ももうなくなっちゃったけど
なんとでもなるみたい。

一応ソーラーだから
電池式よりちょっと後のやつかなぁ。

それにしても関数電卓、
当時目玉が飛び出るほどたかかったけど
物理の先生に無理やり買わされたんだよね

まさか、娘が使うまで生きてるとはね(笑)

投稿: あねご | 2011年10月 2日 23時51分

あ〜液晶がまだ一般的ではなかった頃の電卓ねぇ。
ニキシー管(数字バルブ)使っているやつだぁね。
この頃の数字表示するものって、ニキシー管か、パネルだったように記憶しているねぇ。
2×3=6となって、そのあと=を押した時の反応がどのようになるかで、プログラムが異なるんだよね。
(1)そのまま何も変わらず6
(2)6×2=12になる。
(3)6×3=18になる。

たしか、今の一般的な電卓は(2)になると思ったけれど。
あたしが知っている電卓ではカシオの1機種だけ(3)をやるものがあったと記憶しているんだよね。
たしか、1975〜76年頃のもので、単三1本で起動したニキシー管式の電卓だったけれど、型番を忘れてしまった。

投稿: ときかわ | 2011年10月 3日 03時12分

2になりますねー。こいつは。

12,24,48,98ですか。

iPhoneのは3の結果でした。18,54,162と3の方がかかってく。
こっちの方が自然な感じはしますが、今の主流はどうなの?

試しに手元にあったこれまた古めのSANYO CX-8T3でやってみたら2でした。

2をかけ続けるのは不自然な気もするけどなー。「2をかけます、3に」って倒置法でしょ?
プログラマって文章能力が国語系と違うから、何とも言えないけど。

投稿: 猫丸 | 2011年10月 5日 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/52894166

この記事へのトラックバック一覧です: リコー RICOMAC 8桁計算機RC-8C:

« 「三島バル」オフ参加者募集! | トップページ | 伊豆箱根鉄道のバス運転手にもの申す »