« リコー RICOMAC 8桁計算機RC-8C | トップページ | 伊豆箱根バス広報にメール送ってみた »

伊豆箱根鉄道のバス運転手にもの申す

本日2011年10月5日 18:15分頃、三島駅方面から東に向かうバス。
おそらく富士見台行きの伊豆箱根鉄道のバスに横断歩道を渡ろうとしたところをクラクションを鳴らされ、目の前を通過しようとされた。

その辺のバカ野郎な車なら「バカ野郎だなー」と思うだけで済むのだが、営業運行中のバスである。

バスのクラクションくらいにひるむ猫丸ではない。
バスの前に出てって「ちょっとまて、こっちは横断歩道で一度立ち止まって、あんたを見てから歩き出してるぞ」と文句を言ったら「それはあんたの言い分だ、飛び出してきた」と言われた。

まて、横断歩道に立っている人間に対して、クラクションを鳴らして制止して、行き過ぎろと運転手に教育しているのか?伊豆箱根鉄道という会社は。よしんば飛び出されたとしても「いつでも止まれる速度で通過」するのが横断歩道の通過の仕方と言うことも教えないのか?(というか、それは教習所で教えてくれるけど)

違うだろうなー。しかし、一人こういう運転手が居るだけで、その会社はそういう会社だと思われても仕方がない。

営業運転手だから、ちゃんとした運転をしているとか、人様に迷惑をかけない運転をしているのかというと、そうでもないのかも知れない。

しかし、仕事が不足して就職できない学生がいっぱい居るなかで、「人手不足」になる業種、職種なんだろうか。社としては不本意だとは思うけど、改善を願う。

翻して、猫丸が勤める企業グループもあまり大きな声でよそ様を批判できるような状況にないとも言える。
道路交通法の遵守が難しいとか、出来ないとか言っちゃいけないと思うから、講習会とかもおこなってるんだけどね。
同じなんだろうけど、それでもやっぱり、謝ることすら出来ない運転手はよくないと思う。

「警察呼んでちゃんと説明してみろよ」って言ったらぴしゃりと窓を閉めてさっさと出発してしまった。
それを止めてどうこうというと、さすがに裁判沙汰になりそうなのでやめておいた。

大人だからね。

|

« リコー RICOMAC 8桁計算機RC-8C | トップページ | 伊豆箱根バス広報にメール送ってみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/52916640

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆箱根鉄道のバス運転手にもの申す:

« リコー RICOMAC 8桁計算機RC-8C | トップページ | 伊豆箱根バス広報にメール送ってみた »