« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

第50回猫丸生誕記念祭出欠確認!

何度か書いているけど、そろそろ一杯一杯になってきました。

猫丸もそろそろ半世紀の長きにわたり、恥をかき続けて参りましたが、一つの区切りとして、記念品でも作ろうかと。
そういう意味では制作準備期間をおかせていただいて、11月後半の方が助かりますが。

先ずは人数把握をさせていただきたいと思いますので、出欠をお願いします。
最も人数の多いところで決めさせていただいて、出席者の人数分、猫丸生誕50周年記念品を用意させていただきます。

出欠はこちらの伝助で!

内容はいつもの通りの宴会であれば、披露していただけるネタがあればぜひプレゼントを用意していただいて、猫丸の誕生日プレゼントにくださいね!

昼間の富士急ハイランドになったら・・・今回最後になるかも知れません。思う存分ジェットコースターに乗ります!

コメントもお待ちしております!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊豆箱根バスさんからお便り着いた

こちらからの一方的な部分だけ書いておいただけではいけないので、返信頂いたメールを個人情報部分以外は転載しておく。

調査して頂いた上での返信だろうとは思うので、誠意は感じられる。
実は、今日、同じ横断歩道で同じようなタイミングで同じ会社のバスと対峙した。
当然運転席ガン見の猫丸。横断歩道手前で停止するバス、会釈して渡る。

メール送る前だと止まらなかったかも知れないタイミングだっただけに、改善されたのではないかとも思わされた。そんなメールを転載。メール受信日付は<2011年10月14日 17:23:03 JST>
以下引用

--

アロハ猫丸さまへ


この度は、弊社乗務員の運転マナーおよび対応の至らなさによりご迷惑をおかけいたしましたこと、誠に申し訳ございませんでした。
深くお詫び申しあげます。


弊社では、日頃からバス運転手は地域の交通リーダーという自覚を持つことと、交通法規の遵守と運転マナーの向上を指導してまいりました。
社内規程に関しましても、当然のことながら関係法令の厳守をうたっております。
また、接客接遇に関しましても、全ての人に対する言動は、相手の立場に立って行うよう指導しております。
当該乗務員に当日の状況を確認したところ、5日の乗務員はお客さまが横断しないだろうとの思い込みから、バスの接近を知らせるためにクラクションを鳴らしたと申しております。


10日の乗務員は、歩行者およびパッシングには気づかなかったと申しております。
このことは、道路交通法で定められている「横断歩道等における歩行者等の優先」が守られていないことであり、思い込みや気づかなかったでは済まされないものであります。
日頃より指導している内容が全乗務員に行き届いていないことを大変遺憾に思うとともに、私どもの指導教育が至らなかった結果と深く反省いたすところであります。


当該乗務員に対しては、交通法規等の関係法令と接客接遇の再教育を指導していく所存であります。
また、全乗務員に対しても今回の事案を周知し、同様の事案が起こらないよう徹底した上で、営業運転手として一般ドライバーの見本となる運転ができるよう指導を強化してまいります。

この度は、弊社乗務員の至らぬ点をご指摘いただき、誠にありがとうございました。
今後とも安全・安心をもって、道路交通関係法規を遵守し公共交通の使命に努力してまいります。
引き続き、伊豆箱根鉄道グループのご利用を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

2011年10月14日 伊豆箱根バス株式会社
-- 改行点などを除き改修無し。

このあと、文言を書かれた方の部署、氏名が書かれていたんだけど、そのまた後ろに、メールを出された方のシグネチャが入っていて、別の方というのはご愛敬として。

この方が書かれているように、一般ドライバーの見本となる運転をしてくれているかどうか、みんなで見守り、利用してあげましょうね。
本当に地元の大事な会社の一つですから、地元民が誇りに思える会社であって欲しいと猫丸は思います。

それから、Facebookの方でも意見をくれた他の交通会社に勤める友人にも感謝。意見ありがとうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

伊豆箱根バス広報にメール送ってみた

全文転載しておく。
--
いつもお世話になります。
旅行や貸切バスなどで長い間お世話になってきていましたので、地元の優良企業として共に繁栄したいと願って参りましたが、御社に対して、とても信頼にたり得ないと思われることが連続で起こってしまいましたので、ご報告かたがた、社の姿勢について、ご説明頂ければと思い、メールさせて頂きました。

詳しくはウェブログ並びにTwitterのログをご覧ください。

2011年10月5日午後6時15分頃に起こったこと

2011年10月11日午後5時50分前後で起こったこと

当然ながら、全て公開済みではありますが、ご意見賜れればと思います。

車道に向いている歩行者が横断歩道の端にいる場合の運転ルール、服務規程について等、どのように徹底されているか御教授頂きたい。
もし心あればどのような対策を取られるのかもご連絡頂ければ幸いです。
正直なところ、あのときの傍若無人な運転士がいつどこで運転しているか解らないと思うと、本当に毎日の生活が恐ろしい気すらします。バスを見ると、恐怖すら感じるようになりました。

これからも地元交通の要としてご活躍頂けることを切に願います。
--
このあと、普段のメールアドレスのシグネチャを入れてあるので、知っている人は知っている通り、携帯電話の番号も入っている。住所は入ってないけどね。

嘘も作りもありません、怒りと言うより恐怖に近い感情でしょうか。
電話だとどうしても相手の出方で感情的になるなどあるから、したくなかったんですよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

伊豆箱根鉄道のバス運転手にもの申す

本日2011年10月5日 18:15分頃、三島駅方面から東に向かうバス。
おそらく富士見台行きの伊豆箱根鉄道のバスに横断歩道を渡ろうとしたところをクラクションを鳴らされ、目の前を通過しようとされた。

その辺のバカ野郎な車なら「バカ野郎だなー」と思うだけで済むのだが、営業運行中のバスである。

バスのクラクションくらいにひるむ猫丸ではない。
バスの前に出てって「ちょっとまて、こっちは横断歩道で一度立ち止まって、あんたを見てから歩き出してるぞ」と文句を言ったら「それはあんたの言い分だ、飛び出してきた」と言われた。

まて、横断歩道に立っている人間に対して、クラクションを鳴らして制止して、行き過ぎろと運転手に教育しているのか?伊豆箱根鉄道という会社は。よしんば飛び出されたとしても「いつでも止まれる速度で通過」するのが横断歩道の通過の仕方と言うことも教えないのか?(というか、それは教習所で教えてくれるけど)

違うだろうなー。しかし、一人こういう運転手が居るだけで、その会社はそういう会社だと思われても仕方がない。

営業運転手だから、ちゃんとした運転をしているとか、人様に迷惑をかけない運転をしているのかというと、そうでもないのかも知れない。

しかし、仕事が不足して就職できない学生がいっぱい居るなかで、「人手不足」になる業種、職種なんだろうか。社としては不本意だとは思うけど、改善を願う。

翻して、猫丸が勤める企業グループもあまり大きな声でよそ様を批判できるような状況にないとも言える。
道路交通法の遵守が難しいとか、出来ないとか言っちゃいけないと思うから、講習会とかもおこなってるんだけどね。
同じなんだろうけど、それでもやっぱり、謝ることすら出来ない運転手はよくないと思う。

「警察呼んでちゃんと説明してみろよ」って言ったらぴしゃりと窓を閉めてさっさと出発してしまった。
それを止めてどうこうというと、さすがに裁判沙汰になりそうなのでやめておいた。

大人だからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リコー RICOMAC 8桁計算機RC-8C

1317565903847.jpg

家の中で見つけたこれ、リコマックって何だよって調べて見た。

リコーの電卓ブランドでRC-8Cは、1975年頃の発売らしい。

ご丁寧に電池を抜いてあったので、いれて見た。

「こいつ。動くぞ。」

マニュアルなんぞが必要なはずも無く、四則計算にパーセント計算だけのシンプルさ。

ソーラーも付いてないので、ダブル電源とか言っても、ACと乾電池だし、ACアダプターなんて見当たらなかったぞ。

ちょっとトレジャーハンティングな気持ちになったけど、肝心なものは見つからなかった。
というか、ある気がしない。(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »