« 2010年猫丸お誕生日プレゼントダイレクトリー | トップページ | 地獄の甘味オフのシーズン »

iPhoneの言語環境をかえてみた

表題の通り、iPhoneの言語環境をかえてみた。
きっかけはTwitterフォロワーさんである@jamslainさんの一言。

「iPhone持ってる人ー。計算機で「÷=」ってやってみてくれたまえ!」

でした。

おばかな表示にひとしきり笑わせて頂いた後「他の言語では・・・」という話題になり、ついやってみた所、戻すのに一苦労。

リクエストもあったので、後に続くさらにおばかな皆様の為に捧げる。

「iPhoneを一文字も読めもしない言語にかえてしまった後元に戻す手順」

はじまりはじまり。
ちなみに猫丸は準備不足だったし、このページが無かったので、友達のiPhoneを並べて戻しました。

1000000039


iPhoneユーザーなら、さすがにわかってると思いますので、ホーム画面は飛ばしましたが、買った時から表示されていて消すことができない「設定」アイコンを選択するとでる画面がこれ。

文字が読めなくなる事を想定して、順番と絵で覚えるのが肝要。

「設定」アイコンと同じ歯車の絵がついている行です。
絵がついていれば大丈夫。おばかでもわかるはず。


1000000036_2


んでもって、ここからは絵が無くなるので、真剣に順番などが目印になるので気をつけなければならない。
上から二つ、三つと来て一つだけの塊には英語で「Spotlight」と入っているので、このあたりが目印。

このスクリーンショットでは、そのSpotlightから表示させているので、そのあと三つ、四つの塊があって、この後ろに一つ、一つと設定の塊が続いて終わっている。

後の方の四つの塊のうち、上から三行目が日本語では「言語環境」と表示されているので、ココを選択しなければなりません。

ここ、一番大事なところ。
iPhoneを使っている時点で視覚障害がないのは明白な所なんだけど、自分がいかに気にせず字を読んで行動しているかが後でわかる。こういう風に場所できちんと覚えているわけじゃないのだ。


1000000037


次はこの画面。ココまでくればそれほど大変な感じはしないけど、知ってるか知らないかでは心の余裕に大きく差が出る。

一画面入ったにもかかわらず、まだ次に選択肢があると、ひるんでしまう。

とにかく、ココは迷わず一番上の行を選択するのだ。


1000000038


佳境ですけど、ついて来られてますか?そうでも無いですか。
まぁ、「iPhoneを持っていること」という条件の上「おバカな事に自ら進んで志願したい」という厳しい条件をクリアした者だけが必要なとてもニッチな情報なので、どうでも良いと考えている方は、さっさとラーメンサイトとか、どこぞのクチコミサイトにでも行ってください。

まぁ、画面の通りです。

「日本語」と表示されている所を選ぶだけですので、おそらくどんな言語でも、日本語で表示されそうですし、大丈夫だと思いますが、順番は、どの言語を一番最近使ったかでかわって来るので、これは場所ではなく、ちゃんと探して選択しましょう。


さて、それで、結局何をしたかったのかと言うと。

そう、iPhoneの他言語機能を使ったアレである。

1000000035


何語かわからないけど、とにかくこうなる。
日本語でどうなるかと言うのは、ココまで読み進んで頂いたおばかな貴兄には既知と思われるので省くけど、この表示をした後、戦いは本番である。

無事戻って来られる事をお祈りしている。

ちなみに、この言語の最中も日本語対応ソフトは日本語を表示し、さらに「キーボード」をいじらなかったおかげか、日本語入力にも困らない。

「助けて!」

くらいは、メールしたり、Twitterに書いたりできるので、ご安心を。
いや、安心できないか。とにかく、このマニュアルに沿って、ちゃんと覚えてからやりましょう。

|

« 2010年猫丸お誕生日プレゼントダイレクトリー | トップページ | 地獄の甘味オフのシーズン »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/50261677

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneの言語環境をかえてみた:

« 2010年猫丸お誕生日プレゼントダイレクトリー | トップページ | 地獄の甘味オフのシーズン »