« 親父逝く | トップページ | ツナピコ料理レシピ募集中 »

ワインを・は・じ・め・よ・う!

Img_0257輸入販売元「リョーショクリカー」のネゴシアンものワイン。ブルゴーニュのパトリアッシュ社製ピッコロサイズのワインシリーズをいきなり大人買い。

ワインがよく解らない猫丸はとりあえず自分で買う時はボルドーのみに絞って買っているんだけど、ボルドーにしろブルゴーニュにしろ品種もシャトーも何本買っても同じワインを買うことはほとんど無いため、覚えない。

ボルドーは基本時にアッサンブラージュされたワインを扱っているそうで、品種丸ごとのワインというより、シャトーなりのブレンドの巧みと言うことになる。

で、このシリーズを近所のスーパーで見かけてから、試しに買ってみたいと思っていた。
某シージーシーグループの商品券を頂いたので、お店にあった六本を大人買い。

ピノロゼはともかく、白ワインのシャルドネとヴィオニエ、赤ワインはメルロー、シラー、ピノノワールの三本が含まれている。

白のシャルドネはもちろん知っていたけど、ヴィオニエは知らなかった。
シャルドネは「辛口で世界的な人気を誇る葡萄品種」だそうで、ヴィオニエは「一度は試したい香り華やかな葡萄品種」。
この二つを飲み比べるとヴィオニエがいけてる感じ。
知らない方の品種がいけてても、よく解らないぞ。マイナーな品種らしいから。

さてさて、赤の方はと言うと、この三つはどれもよく聞いたことがある品種。
メルローは「ボルドーで有名な果実味あふれる葡萄品種」、シラーは「濃厚でジューシーな味が人気の葡萄品種」、ピノノワールは「果実味と酸味が楽しめる高級葡萄品種」だそうで、ここで「高級」と言われると評価が変わってしまうような大阪のおっさんではないので自分の舌だけで評価。

猫丸の舌では、シラーがとても飲みやすくて好感が持てる。メルローも悪くないんだけど、比べるとシラーの方が滑らか。普段に飲むなら、このどちらかが良いな、と感じた。

ピノノワールは、味の深みは豊富なんだけど、渋みも立ってワインそのものをじっくり味わわなければならなそうな重い味。
全部のワインを冷やして飲んだし、ほとんど料理とも合わせずに飲んだので、何とも言えませんけど、とりあえずはそんな感じ。

解説を読むと、メルローがボルドーを代表する品種なのに対して、シラーはローヌ地方やオーストラリアが代表的。そしてピノノワールはブルゴーニュの代表的な品種だそうで、ボルドーを選んで飲んでいるのも、あながち外れては居なかったと言うことか。

赤ワインでは「カベルネソーヴィニョン」があるわけで、こちらもボルドーを代表する品種。
今回は品切れで買えなかったけど、今あるメルローやシラーのワインを中心に広げてみよう。

まぁ、同じパトリアッシュの2007年モノで比べる必要があるかないか、わかりませんけど。

ところでピッコロサイズは250ml、6本買って全ての品種を半分飲んだ。

さて、猫丸はいったいどんだけ飲んだんでしょう。
・・・だめじゃん、750ml飲んでるじゃん。フルボトル一本分じゃないか・・・。

|

« 親父逝く | トップページ | ツナピコ料理レシピ募集中 »

Drink it !!」カテゴリの記事

コメント

らしくないっすねぇーhappy01
つーか、

>ここで「高級」と言われると
>評価が変わってしまうような
>大阪のおっさんではないので

は、失礼やー!どっちかというと、
ワインのウンチク語るヤツは関東人やsign03

大阪人は、たとえ自分がええと言った
ワインが安モンでも、

「この土みたいな味がええねん」

と自分なりのパンチの効いたコメントを
するもんや。

確か、猫丸師匠は大昔に日本酒好きと
聞いた覚えが・・・
(H氏とフォーラムがどうのこうのと・・・・)
あまり、猫丸師匠とワインは繋がらないっす。

人の事言えんオイラですが、一応
白のシャルドネと赤のシラー辺りは
単語として聞き覚えがあるんで、
多分飲んでいるやろう・・・。
C時代にワイン好きのオネーサマに
鍛えられたんで・・・wobbly

でもボトル1本はキツイなぁー。
よっぽどツマミがうまくないと無理でしょ!

全然余談ですが、ピッコロサイズって
あるんっすねーhappy01つーことは
通常サイズはフルート?

投稿: 大阪商人 | 2010年4月 5日 18時47分

値段を聞くと味の評価がかわるのは有名やらせ番組
「カミングアウトバラエティ秘密のケンミンSHOW」
http://www.ytv.co.jp/kenmin_show/ でやってたんだい。

猫丸も「ネタっぽすぎる」とは思ったけど、テレビカメラが
回っていれば「でもこれ、1リットル500円の水なんですよ」
と言われれば「普通の水やんconfident」と言っていた水でも
「そういえばなにげにまろやかなshine」とぼけてしまうのが
大阪人の性のような気がする。
突っ込んでほしいんでしょ?punch

それにしても、ワインのボトルサイズは確かに解らない。
ピッコロサイズと言うのもはじめて知ったけど、本当は
187.5mlなのが正しいみたい。

有名なのはハーフボトルの「ドゥミ」、「フルボトル」。
表彰台で開けて大騒ぎするシャンパンの「マグナム」
は、フルボトル2本分。さらに倍の「ダブルマグナム」
くらいかな?
表彰台はマグナムだよね?
ダブルマグナム3リットルのガラス瓶は重すぎる。

投稿: 猫丸 | 2010年4月 6日 09時06分

あ、「普通サイズはフルート」に突っ込むの忘れた。


マニアックすぎるわ。
それならダブルサイズは「オーボエ」か。

投稿: 猫丸 | 2010年4月 6日 09時13分

せやねんーbearing最近、なにかっつーと、
「ケンミンSHOWでやってたんだけどさー、大阪の人って・・・」
て、言って来る人が増えてきた。
ちゃうっちゅーねん!困った困ったsweat01

で・・・
オーボエとフルートやったら、フルートの方が長いんちゃうか?confident
オーボエよりはコールアングレ(イングリッシュホルン)の方が長いっす。
これは、かなりマニアックでっせ。

つーか、ワインネタね・・・昔仕事の付き合いでオヤジが
メル○ャンのワインを2ダース程買ってきたが、いまだ
空けておらず・・・いいワインならかなりの値打ちもんや・・・

投稿: 大阪商人 | 2010年4月 6日 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/47999731

この記事へのトラックバック一覧です: ワインを・は・じ・め・よ・う!:

« 親父逝く | トップページ | ツナピコ料理レシピ募集中 »