« 今日のクリーニング | トップページ | 静岡のかるた »

三島ブランド認定商品

三島商工会議所が主催する「三島ブランド」の認定商品が決まったそうだ。

まぁ、そんな事はされなくても猫丸の中での三島ブランドは決まっているような物だけど、増田屋さんがなくなってしまったり、それなりにショックな事を経て、どんどん新しい三島ブランドも生み出されなければならないな、と思う。

そんな中で、今回の商工会議所が決めた三島ブランドの中から、猫丸推薦の三島ブランドをセレクションする。
いわゆる「ブランド中のブランド」「猫丸のお墨付き」ということだ(なんだかお手つきの間違いな気はするけど)。

まずはお菓子類。
一口羊羹(平田屋)は、異存がない。
しかし、福太郎本舗の福太郎が入っているのに、文化財関係で「お田打ち」が入っていないのは承服ならない。(笑)
あと、兎月園さんで「三島ざくら」と「らくじゅの実」が入っているのは良いけど、他の菓子店は何をやっているんだ?という気持ちになる。
特に「若木」さんっ!なにやってるんすか(笑)。

お酒の類として、三島西麓野菜の人参ベースの焼酎キャロッ娘(三島酒販協同組合)と三島焼酎の会のチットラッツはまぁ、なんとか許す。しかし、猫丸セレクションにはもちろん入らない。余りに強引だからねー。「みしまビール」も入ってないけど、同じ強引組。

強引と言えば、三島茶碗文化振興会の「三島産三島茶碗」もかなり強引。
三島では陶器に適した土なんてとれないのに、何が何でも三島模様を三島産にしようとしているあたりに強引さを感じる。これも却下。

次は「みしま風鈴」。これは関根さんを存じ上げていること、実際にリヤカーを引いて三島の街中を流していることなどから、異存がない。
ただし、風鈴より、トンボ玉の方がクオリティが高いと思うのは、気のせいだろうか。

あとは「三嶋暦(三嶋暦の会現代版)」はお土産物としては良いと思う。
ちょいと残念なのが「みしまプラザホテル」さんの「アクアビット」「せせらぎ三嶋湧水」の二つは、エントリーされて室伏さんの功績などからも認定されているけど、みしまプラザホテルのホームページからもリンクされていない。内容がわからないんですよ。

残るのは、「みしまコロッケ」だけど、個人的には、却下。「コロッケの街」として売り出すのは悪くないし、馬鈴薯コロッケが名物として認定するのも認めるけど、実際にみしまコロッケはあまりうまくないから(笑)。
もっとみんなでコロッケを食べて、日本で一番コロッケを消費する街にでもしましょうよ。

あとは売り物じゃない、「三嶋囃子」「源兵衛川」。

最後に、「三島うなぎ」。
うーん、三島うなぎって、三嶋大社の御天領のうなぎのことじゃあるまいな。
本来、三嶋大社の鰻はたくさんいたけど、神の遣いって事になっていて、食べちゃいけなかったはずだぞ。

ま、いいや。

それでね、猫丸的三島ブランド商品というと、この中からは下の通り。

1.平田屋一口羊羹
2.兎月園みしまざくら
3.日光陶器みしま風鈴(富士山もよう限定)
4.三嶋暦現代版
5.うなぎの蒲焼き真空パック

これはまぁ、異存がない。
いかがだろう。何も数が多ければいいってもんじゃない。
2,500円くらいのパッケージにして売ったら良いんじゃないか?

売ってみたいな。(笑)

|

« 今日のクリーニング | トップページ | 静岡のかるた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

三島出身でない私は、三島のお土産を持って行く時に困る。
何が名物なのか?が良くわからない。
また、日持ちがするものを・・・というとわさび漬けかなぁ?と、だいたいわさび漬けになる。
平田屋の一口羊羹って、どこに売っているの?

投稿: happy | 2009年12月15日 23時29分

三島産三島茶碗とは三島在住の作家が作った三島茶碗のことです。現在2人登録されていますが、一人は「かわせみトンネルの掘削土」のうち30%から100%を混ぜて作っていますが、三島の作家であることが条件。

というのも、設立10年にして、三島茶碗は三島では作れなかったのですから。
全国区の三島茶碗が三島地方区の三島茶碗になったことがよく知られていません。
三島茶碗文化振興会も三島の茶碗文化振興会だと思っている人が意外に多い。
三島茶碗の文化振興会なのです。

もっと朝鮮半島の歴史をたどれば、象嵌白化粧陶器の文化振興会なのです。
象嵌白化粧陶器が室町時代に渡来して、その文様が三嶋暦ににていたことから三島茶碗と呼ばれるようになりました。

三島に作家も窯も陶土もないのに三島茶碗と呼ばれていたのはそういう意味です。

投稿: 暦師 | 2009年12月16日 16時49分

暦師さんコメントありがとうございます。

「三島手」と「三島茶碗」との違いもありますし、新しい三島市の文化を創出するという方向の方が近いですよね。

いずれにしろ、まだまだ本来の「三島茶碗」の意味がわからないままで進んでしまっているのは事実ですよね。

茶碗にこだわらず、「三島模様」そのものを様々な形で売り込めると良いですね。

ちなみに猫丸デザインのうちの町内の体育部Tシャツは三島模様ですよ。なにせ、暦師の館がある町内ですからね(伏せてる意味がないなー)。

投稿: 猫丸 | 2009年12月16日 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/47024196

この記事へのトラックバック一覧です: 三島ブランド認定商品:

« 今日のクリーニング | トップページ | 静岡のかるた »