« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

そうなっちゃうよねー。

そうなっちゃうよねー。
11月20日に「近所の解体中」で、紹介した、同じ土地です。
軽量鉄骨でしょうか、なんの変哲もない建物が建とうとしています。
でもまぁ、そういうもんでしょうね。

奥側に建て直しているのは、駐車スペースを確保するためでしょうが、住
人のためなのか、お客様のための物なのかわからないですね。

お店なら、それはそれで、嬉しいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして京都へ

つぶやきミニブログTwitterの方にはほぼリアルタイムにアップしてしまったので、ご存じの方も多いとは思いますが、この土日で京都に行っておりました。

メインの目的はともかく、とりあえず記録と報告という意味で、アップしておきます。
Yudofu先週の神戸ルミナリエで「んまいもんの写真はないのか?」とのご指摘もありましたので(笑)、今回は、うまいもんから始めます。

京都瑞龍山臨済宗南禅寺派大本山南禅寺。
この場所を来て「禅寺だ。禅堂みてぇ」と言われるとは思いませんでしたが、多くの方がピンと来るのは、どうやら湯豆腐の様子。
南禅寺で湯豆腐と言えば最初に名が挙がる「順正」の湯豆腐でございます。「もうお召しあがって頂いて結構です」と言われた時には、まだ少しぬるめかと思われるような温度で、実際自分たちが家で食べている湯豆腐はかなり「熱く」なってしまってからの物だと思い知らされる。

なるほど、豆腐の味は少々ぬるめの方がしっかり味わえる。
熱くしすぎると舌の上で「あつつつつ」と転がしながら食べることになって、確かに味は二の次となり、身体を温める機能が中心になっってしまうような気もする。

その後、メインの用事を済ませてから、タクシーで嵐山へ。
Chikurin嵐山は、11日当たりから、20日までの間だけ、竹林や渡月橋界隈をライトアップしている。
土日だけはたいへんな人出だという事でしたが、案の定大変な人出。

ライトアップが始まる前まではちらほらといった人だったのに、ライトアップが始まる5時になったら、どっと人が増えた。

ライトアップもそこそこ楽しんだ物の、一番楽しかったのは、焼きたての芋きんつば。
楽しいじゃなくて、「おいしい」か。
もちろん、メインのおいしさだったので、写真なんて残っているわけがない。

ほくほくでうまかった。

日付は変わって、翌日はメインの用が半日。
Honganji午後からが観光だったんだけど、行った先は浄土真宗本願寺派本山本願寺、通称西本願寺
浄土真宗の坊さんが一緒だった為、見学のお願いを先にしておいた為に、特別に公開して頂いた部分がある。
境内の案内図を見ると解るんだけど、一般的に見学される御影堂や阿弥陀堂の広さに比べると圧倒的な大きさの「書院」にお邪魔した。
つまり、御影堂や阿弥陀堂が重要文化財なのに対して、ほとんど国宝だらけのとてつもないお部屋を案内されたわけ。

ここは室内は撮影できないとの事で、写真は残っていないけど、とにかくものすごい物を見せて頂いた。
小グループだったので、ガッツリと見させてもらった。虎渓の庭も大変美しく、これで雪なんか降ったら、ものすごいことになるとは思った。親鸞上人万歳。

Hiunkakuあとは、これも普段はあまり見せてもらえなさそうな、飛雲閣。

金閣、銀閣と並んで、京都の三閣と呼ばれるらしいけど、修学旅行で訪れれば見せてもらえる金閣銀閣とは違い、今の今まで見た事がなかったので、感動。

んーっまぁ、金閣銀閣を見た時に感動したかどうかはともかくとしてね。

こういう物はある程度感性が豊かになってから、見る物だとは思う。高校生にはもったいない。

Karamon
西本願寺の締めくくりは「唐門」日暮し門とも呼ばれる程様々な彫刻に彩られているわけだけど、この中での注目は、この部分。

知る人ぞ知る、キリンビールのロゴキャラクターである麒麟のモデルになったのが、この麒麟らしい。

グループの中の一名が「あそこの麒麟がそれです」と指差されているのに「どこ?どこ?どこにキリンが居るの?」と、どう考えても「アミメキリン」を探している顔つきに「決して首が長い生き物を探していたわけじゃないと言えよ」と耳打ちしたのは言うまでもない。

そんなこんなで、メインの用事はともかく(笑)、楽しい京都旅行と相成りました。

ところで、キャンドルを猫丸に持って来てくれた奇特な方は居るかな?
今ならまだ井筒八つ橋本舗謹製生八つ橋ニッキ風味が手元にある。

キャンドルと引き換えに、本日中の連絡を待つ(笑)。明日には食べちゃうけどね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

神戸ルミナリエ2009

Img_0206
実は先週の土曜日に神戸に行っていた。
三宮の近くなんだけど、こんな風景のところ。

ちなみに、ルミナリエは、震災復興のためにはじめたので、今年が15年目だったそうです。

お上りさんなので、きっちり風見鶏の館とうろこの家は見てきた。
「建築好き」というのは一応ダテではない。

お土産は味付け海苔のコンビニおにぎりだけといういたってシンプルなものでした。
たのしかったー。

綺麗だったのでお裾分けね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

YUREX到着!

YUREX到着!
初版限定3,000台、ユスリートナンバー222のユレックスが、届いた。

写真は稼動中の為ぶれていますが、ビンボー揺すりをカウントするグリーンのランプが点灯しています。

パッケージも高級感溢れる黒い箱に銀の箔押し。

本体がちゃちなぶんだけ箱がいいというか、なんというか。
本体価格12.800円だったのに、「まさか」の92%OFF!!(笑)980円でゲットしました。
カヤックさん、ごめんなさい。
放送中にお世話になっていたのに、プロパーの時に買う勇気がありませんでした。
買いたかったんですけどねー。

いくらにしたって、ちゃんと動いてますよ!
専用アプリケーションも起動させるんじゃなくて、インストールしておくだけでUSBでパソコンに接続した途端に起動する。

猫丸のビンボーユスリを淡々と解析し、ユスリートサイトに送ってくれる。
さて、この箱を持ってどこまで威張りに行こうかしら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

静岡のかるた

しずおか、ことに三島とかるたの歴史については国民文化祭の小倉百人一首大会が三島で行われたのを見た通り、奥深いものがあるわけだけど、最近類似語が多くて、何が何だか解らなくなっていた、静岡のかるたについて、考えてみたい。

まずは「静岡かるた」。これは、「楽しみながら静岡を知る」コンセプトで作られているようですけど、実はいまのところよく解らないんですよね。

一方で「静岡方言かるた」と言うのがあって、これはけっこう静岡っぽいのではないかと思います。方言かどうかよく解らなかった「ぶしょったい」も読み札に含んでいることが決め手でしょうか。静岡っぽいですよね。
主宰は「テレビ静岡」ですね。

ところが、K-MIXの作った「しずおかるた」というのは、全く静岡の物ではない。まるっきり浜松な物だった。というか、伊豆が静岡だと思うか、浜松が静岡と考えるかに依るわけだね。しずおかるたの母体になっているのはK-MIXで、いってみれば「エフエム静岡」ではなく「エフエム浜松」と言ってもおかしくないもので、浜松色が強くなっても仕方ありませんね。

猫丸の中で、浜松は静岡じゃない。

みしまかるたもあるけど「やっきり」とか「きゃーくろばってる」「けけてひっちょぶく」など、日本語になりにくい方言ってかるたにでもして欲しいよね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

三島ブランド認定商品

三島商工会議所が主催する「三島ブランド」の認定商品が決まったそうだ。

まぁ、そんな事はされなくても猫丸の中での三島ブランドは決まっているような物だけど、増田屋さんがなくなってしまったり、それなりにショックな事を経て、どんどん新しい三島ブランドも生み出されなければならないな、と思う。

そんな中で、今回の商工会議所が決めた三島ブランドの中から、猫丸推薦の三島ブランドをセレクションする。
いわゆる「ブランド中のブランド」「猫丸のお墨付き」ということだ(なんだかお手つきの間違いな気はするけど)。

まずはお菓子類。
一口羊羹(平田屋)は、異存がない。
しかし、福太郎本舗の福太郎が入っているのに、文化財関係で「お田打ち」が入っていないのは承服ならない。(笑)
あと、兎月園さんで「三島ざくら」と「らくじゅの実」が入っているのは良いけど、他の菓子店は何をやっているんだ?という気持ちになる。
特に「若木」さんっ!なにやってるんすか(笑)。

お酒の類として、三島西麓野菜の人参ベースの焼酎キャロッ娘(三島酒販協同組合)と三島焼酎の会のチットラッツはまぁ、なんとか許す。しかし、猫丸セレクションにはもちろん入らない。余りに強引だからねー。「みしまビール」も入ってないけど、同じ強引組。

強引と言えば、三島茶碗文化振興会の「三島産三島茶碗」もかなり強引。
三島では陶器に適した土なんてとれないのに、何が何でも三島模様を三島産にしようとしているあたりに強引さを感じる。これも却下。

次は「みしま風鈴」。これは関根さんを存じ上げていること、実際にリヤカーを引いて三島の街中を流していることなどから、異存がない。
ただし、風鈴より、トンボ玉の方がクオリティが高いと思うのは、気のせいだろうか。

あとは「三嶋暦(三嶋暦の会現代版)」はお土産物としては良いと思う。
ちょいと残念なのが「みしまプラザホテル」さんの「アクアビット」「せせらぎ三嶋湧水」の二つは、エントリーされて室伏さんの功績などからも認定されているけど、みしまプラザホテルのホームページからもリンクされていない。内容がわからないんですよ。

残るのは、「みしまコロッケ」だけど、個人的には、却下。「コロッケの街」として売り出すのは悪くないし、馬鈴薯コロッケが名物として認定するのも認めるけど、実際にみしまコロッケはあまりうまくないから(笑)。
もっとみんなでコロッケを食べて、日本で一番コロッケを消費する街にでもしましょうよ。

あとは売り物じゃない、「三嶋囃子」「源兵衛川」。

最後に、「三島うなぎ」。
うーん、三島うなぎって、三嶋大社の御天領のうなぎのことじゃあるまいな。
本来、三嶋大社の鰻はたくさんいたけど、神の遣いって事になっていて、食べちゃいけなかったはずだぞ。

ま、いいや。

それでね、猫丸的三島ブランド商品というと、この中からは下の通り。

1.平田屋一口羊羹
2.兎月園みしまざくら
3.日光陶器みしま風鈴(富士山もよう限定)
4.三嶋暦現代版
5.うなぎの蒲焼き真空パック

これはまぁ、異存がない。
いかがだろう。何も数が多ければいいってもんじゃない。
2,500円くらいのパッケージにして売ったら良いんじゃないか?

売ってみたいな。(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日のクリーニング

今日のクリーニング
ふと見たクリーニングのタグ。


そりゃ猫丸だっておならもするし、う○ちだって出すんだから、必要なんだけど。


そういう事じゃない?
そうじゃない?いや、わかりますけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ポットラックパーティはいかが?

忘年会ラッシュも一区切りして、今週末は神戸旅行、来週は京都旅行という意味がわからない強行軍。
そして、年末前には(年末は仕事がとても忙しくなるので)コストコに買いだし。

年内はそんな感じでどたばたするものの、年明け早々には毎年二日には書き初めと称して(最近は本当に称しているだけでおみくじオフとも言われているけど)初詣がてら、猫丸邸に人寄せしているんだけど、来年はどうだろう、ポットラックパーティ形式でやってみたい。

ビール(すまん、見栄をはった。第3のビールだ)といつものエスプレッソ、紙コップや紙皿などの食器類と炭コンロに大釜とお湯を用意しておくので(以前冬のパーティプランとしてやったことがあるスチームパーティだ)、この際書き初めを廃して、正月ポットラックとして出直してみようかと思うんだけど、どうだろう。

ポットラックが解らない人のために書いておくと「一人一品持ち込みパーティ」でひとり2,000円程度の料理を持ち寄って来るパーティだから、料理をする人は腕自慢。しない人はピザなんかを買ってくるだけのお手軽パーティになるわけね(全員ピザとか、全員ケンチキとかだったらちょいと笑える地獄絵図になるけど)。

・・・ケンチキ2,000円なら大したことはないけど、食遊市場で鶏肉を買って自前で揚げるととんでもないことになるかも。

冬だから、火を焚いて、お湯を沸かして表でやるから防寒して集まるという無茶企画。
ご意見お待ちしています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

キャンドルナイト三島

12月19日の夕方(夜か?)にライトダウンを呼びかける「キャンドルナイト三島」が企画されているらしい。

こういう情報が毎日チェックするサイトに掲載されるだけでも、「三島市地域SNS」は便利だと思う。
完全紹介制なので、会員になりたい猫丸の知人は、メールでもTwitterでもSkypeでもmixiでも連絡いただければ紹介しますよ(とはいってもメールアドレスは解らなくちゃいけないけどね)。

残念ながら、猫丸は19日には京都祇園でどんちゃん騒ぎに興じているはずなので、エコとは何の縁もない生活になってしまっているとは思うけど、興味はわいた。

もし行かれる人がいたら、猫丸の分までキャンドルをもらってきて欲しい(笑)。
京都土産は期待しないで欲しい物だけど、キャンドルを約束してくれた人数で、八つ橋でも買ってこよう(笑)。この約束、ものすごいことになったらそれはそれで笑うけど。

ところで、このメッセージは本日発表のMacOS版のGoogle Chromeから発信。
軽くて気持ちいいかもー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今更ヴォージョレ・ヴィラージ・ヌーヴォー

今更ヴォージョレ・ヴィラージ・ヌーボー
既に12月に入ってしまったけど、ときさんに頂いたヴォージョレを開けることにしたので、パチリ。

ときかわ家御用達のピーロートジャパンの逸品。

ラベルには他にあまり情報はなく、「P.LAFOREST」とある程度で、よく解らないけど、普通にサントリーあたりで輸入しているジョルジュデュブッフおじさんの所の今年のヌーボーより、ずっとこくがある。

正直なところ、ヌーボーだと思って飲んでなければ解らないくらいワインっぽい味がすると言っても過言ではない。

というか、いつも猫丸が飲んでるワインなんて、この程度のものだったね。(笑)

ちなみに、後ろにあるおつまみは、おなじみ函南の名店ハムソーセージのグリム謹製ビアシンケンとチョリソー。うまし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マジックマウス到着!

マジックマウス到着!
前のマイティマウスはワイヤレスとワイヤードの設定があったけど、マジックマウスは「ワイヤレスマルチタッチマウス」という触れ込み。

通常のツーボタンマウスの機能に天地左右のスクロールは、マイティマウスの時と同じ。
だけど、画面のズームや二本指でのスワイプもできるようで、つまりマウスの上にタッチパネルがついている感じです。

マイティマウスも壊れたわけじゃないんだけど、つい買っちゃいました。
マイティマウスの欠点は、マウスの上に乗ったトラックボールが機械的に動作するので動作不良も機械的に起こる事。

動作感はというとやはり、機械的に動いていないということは、感覚が掴みにくいということで、慣れないと何かふわふわした感じ。

まさにマジック。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »