« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

ゆびとまサービス停止か?

猫丸も2007年2月20に現在のこのココログに全ウェブログデータの移植が終了するまでは、「Echoo!ログ」を使っていました。

Weblogサービス、そしてSNSのはしりの頃に九州の小久保徳子さんのご招待で入ったのがそのエコログ。
その前というと、まだコミュニティエフエムボイスキューで、トリプルセブンネットジャムをやっていた頃の話で、同窓会支援Webサイト「この指とまれ!」を番組で紹介。リンクをしたりしていたご縁から紹介して頂いた。

10年近く前と言うことになるけど、小久保さんがなんだいなくなって、それはただ長崎県知事選に出馬するからだとか思っていたんだけど、どうやら違う理由があって、猫丸としては、釈然としなかったので、せっかく有料サービスにも加入して楽しんでいたんだけど、手持ちのクーポンをエコログ上の友人達に全て分配精算して、退会を決意したのが、2007年2月だったというわけです。

そのゆびとまが、毎日新聞の記事によると5月2日から全てのサービスを停止しているらしい。

「ついにやったか」という気もするけど、番組で紹介したり、猫丸自身が暫く使っていたこともあって(というかmixiがこんなに出てくるよりもっと前にSNSを紹介した初めての事例だったから)、知人、友人にもユーザーが残っている。申し訳ない。

最後まで会員だったから、個人情報が流出するとか、途中でやめたからしないとかいうことはないから気持ちが悪いことこの上ない。

一度でもメールアドレスを記入すればどこかに漏れていることは間違いないけど、卒業小中高大、卒業年度から同級生の名前まで書き込んでしまっていると、ちょっと気が重い。

既に何をしても手遅れですけど、皆さんの情報の安全をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー「豊か」6/2発売

サントリー「豊か」6/2発売
当たった。サントリーの「豊か」。まだ市場に出回ってはいないらしい。
6月2日火曜日発売。

「麦芽」+「玄米」+「天然水」後味すっきり香ばしいそうで、250ml缶というとても中途半端なサイズの缶で6本当たりました。

サントリーが得意にしている「天然水」ですけど、サントリーの本社と言えば堂島浜通二丁目・・・。堂島浜二丁目でいいんですけど、この表記なら、なんとなく天然水も真実味があって、白州か、山崎などの名水が思い浮かぶんだけど、残念ながら「サントリー酒類」という会社の本社は港区台場。フジテレビの近くにあるアレだ。
今ひとつサントリーぽくないんだよな。やはりサントリーは大阪。古い人間ですから。今のサントリーの酒類製品には全部この住所の表記になっているのかと気にしてサントリー角を見てみても堂島浜の住所。

ま、いいんですけど。

まずは、ビールではなく「発泡酒」カテゴリーです。ビールにない材料としては玄米、糖類、酵母エキスの三つ。
玄米でコクと香ばしさを、糖類で麦芽の不足分を補い、酵母エキスでビールに残る酵母臭を補ったことは間違いないのですが、それに加えて、糖質は50%オフ!・・・足してるのに。

足した理由はアルコール度数に出ていて、5%のアルコール度数をキープしているので、足した分はアルコールに化けていると言うことか。
発泡酒、発泡性リキュール類は各社がどれだけビールの旨味を他の材料で出せるかという戦いになってきていて、開発費の方が材料費より高そうなのに、ビールより安い。税金で持って行かれない飲み物だと言うことですね。

また、それましたが。
味はと言うと、香ばしさ、コクがすっきりしているのにしっかりしている。たしかに豊か。
例によって試行錯誤の一つっぽいですけど、美味しい出来上がりでした。

ある意味、本当に「美味しい」ものを飲みたいと思ったら、サントリーならプレミアムモルツ、キリンなら一番搾りで充分か、サッポロならヱビス、アサヒなら最近出たザ・マスターということになるか。

こういう物を飲めばいいので、実は、発泡酒や第3のビールカテゴリーでは、本当に「旨い」を追求しているのかどうか、実は怪しんでいる。

だって、税金が安くて、みんなが買ってくれるけど、これらプレミアムビール系の作り方と同じかそれ以上の味わいをビールではない作り方で作り出せてしまうことが、果たしてビール会社のため、我々ビール好きのためになることなんだろうかと悩む。

ビールはビールでなきゃ出せない味わいだからいいんであって、他の物ではダメだとビール会社だって我々に思わせ続けたいですよね?

こういうちょっと機能を追加した発泡酒や第3のビールは、毎年少しずつ味わいを変えて、飽きっぽい我々消費者を楽しませてくれればいいわけですね。

豊か、充分楽しめました。まずまずオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今年の水は多いのかい?

今年の水は多いのかい?
一部の方に「どうせ次のオフは夏祭りだよね」とか言ってしまったのです
が、考えたら恒例の体力オフ、白滝公園ゲリラ清掃オフがあるじゃーあー
りませんか。

ちょっと前から気にしてはいたのですが、これが本日の御殿川。

意外と水がありますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

みしま風鈴始動!

「おやじが焼いて息子が売る店」日光陶器店

かつて本人から「いや、親爺が焼いて親爺が売ってるよ」というインパクトあるお言葉を頂いてからの大ファン。

まぁ、既に息子さん自身がおやじだという年齢になってきたかも知れませんが、当時はまだまだ若かりし頃でね。
息子はその頃から、トンボ玉や表題の「みしま風鈴」など、ガラス製品の工房に夢中だったはずで、いまや日光陶器店のトンボ玉やみしま風鈴は三島の名産品の一つと言っても過言ではない。

和の小物や着物に興味がある方はとにかく全国からでも立ち寄ってみて頂きたいお店。
軽井沢や鎌倉などにありそうな、和の小物やガラス製品専門店ではなく、ごく普通の陶器店の中にコーナーがあるのが三島らしい店でもある。

さて、本日所用があって店の前を通ったら、件のガラス職人が木製の展示台を店先で組立はじめていた。
声をかけてみる。

「みしま風鈴ですか?」
「そうそう。」
「早いですね、夏はまだでしょう」
「いや、めちゃくちゃ遅いくらいで」
「風鈴ができてこないとか?」
「・・・俺が作ってないだけのことで」
「・・・まぁ、どこかからできてくるのではないのは知ってるけど」

と、噛み合ってるんだか噛み合ってないんだかという会話。

というわけで、三島市大社町、三嶋大社前の通り「恵比寿通り」の焼き物屋日光陶器店に、今年のみしま風鈴が並び出すらしい。

ガラス製の風鈴は夏の風情の時だけ軒先に飾って、あとは大事に仕舞っておいたり、コレクションにしてゆく楽しみにしてゆく物なのかも知れない。

彼から言わせれば「ぜひ買っていけ」なんだろうけど、とにかくその音色と色を見に行くだけでも、ちょっとした美術探訪になるかも知れないので、おすすめ。

帰りはもちろんとなりのベルーンに立ち寄って小麦饅頭を買って、猫丸の野望のために「お団子を売っているお店を知りませんか?」とベルーンの方に声をかけてみることは忘れないで欲しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

明後日から、ビールデンウィーク!

国内ビール大手5社が協同で「ビールデンウィーク」を定めたそうな。

大手5社とは、アサヒビールサントリー麒麟麦酒サッポロビール、そしてオリオンビールの5社だそうで、オリオンビールはアサヒ系になったんだっけ?スーパードライを沖縄でライセンス製造しているか南下だよね?

オリオンが入っているのがぐっと来るんだけど、とにかく5月25日から31日までを「ビールデンウィーク」としたそうな。

今日あたりはビールデンウィークじゃないけれども、昼間からがぶがぶ飲んで、楽しい思いをしたわけだけど(おっと、昼間飲んだのは、マグナムドライだから、ビールじゃなくて発泡酒だけど)、ビールデンウィークだから、余計に飲むと言うことは、多分ないよねぇ。

でも、5月というのは、暑くなってくる最初の月で、「ビールが美味しい季節になるよね」という時期なのは間違いない。

で、このキャンペーンの笑える点は「乾杯でひとつになろう」という奴で、携帯にビールを注いで、みんなで乾杯しようというキャンペーン。

ねこまるは、iPhoneを使っているので、「iBeer」というソフトを普段使いにしているので、いつでも携帯にビールを注いでいるわけだけど、これはiBeerユーザーじゃなければ、けっこうぐっと来ると思う。

ビールで乾杯するのは、ある程度の歳をとった皆さんらしくて、若い皆さんは「巨峰サワー」「ウーロンハイ」などでも乾杯するらしいですが、40代後半の猫丸は「とりあえずビール」な人です。

ですから「ビールで乾杯したいシチュエーション」といっても、いつものことなので、「どんな時」ってのはない。携帯で乾杯はしたくないけど、夏が近づけば、ビールが美味しいのは間違いなく、何はともあれ、乾杯ですよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルエンザ三島で発熱したら

大騒ぎしていて、気になったので、とりあえず調べておきました。

「熱が出たら発熱相談センターに行くのさ、病院じゃないのよ。」
「その発熱相談センターってどこよ?」
「保健所でしょ?」

実はその保健所、猫丸はどこにあるのか解らなかった。
でも、調べてみたら、行くのではなくて、電話で口頭問診して、トリアージを受けなければならないので、これを読んですぐ行動してしまいそうなおっちょこちょいの方の為に先に書いておく。

まぁ、猫丸もそのときに調べても慌ててそういうことをやってしまいそうなので、とりあえず調べてみたわけね。
保健所や発熱外来に感染を疑われる方が殺到してしまうと、ゾンビが襲ってくるバイオハザードの様相を呈しそうで恐いよね。

平日昼間(8時30分~17時15分)の相談窓口は、静岡県東部、三島市内ならおそらく東部保健所(055-920-1007)になると思う。

夜間(17時15分~翌日8時30分)土・日・休日の相談窓口になると、静岡県厚生部(054-221-8560)が、転送電話で職員が24時間対応しているそう。

実際にトリアージを受けて発熱外来設置病院に行くという場合は、裾野赤十字病院(055-992-0008)あたりが感染症指定医療機関なので、受け入れについては有力候補だけどサイトを見る限り、まだ発熱外来が設置されているわけでもなさそう。

東部保健所(沼津市高島本町1ー3)は、沼津のイトーヨーカドーの裏の東部総合庁舎かな?
裾野赤十字病院(裾野市佐野713)は三島からだと、文教町北高と日大の前の通りをずっと裾野方面にあがった右側にある。

重ねて書くが、実際に新型インフルエンザへの感染が疑われる場合は、まずは発熱相談センターへ電話連絡して、口頭での問診によるトリアージを受けることが必要だそう。

とにかく発熱相談センターの職員の指示にしたがって行動することが肝要らしい。

知らなかった。勉強になった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

映画「斜陽」オフ報告

Img_0116行ってきました、「斜陽」オフ。

いやー、なんつーか、すごい映画でした。

参加者は猫丸、ときかわ、ぬらりひょんの3名。
例によって「3人寄ればオフ」の法則に従い、オフ成立しました。

太宰治作品「斜陽」の映画化で、三島市内の施設でも撮影されたとあっては、見に行かないわけにはいかない。と鼻の穴をふくらませて見に行ったわけですけど、さすが文芸作品。

難解って言ったら良いんでしょうか?
理解に苦しむ?

3人で絶句。
もう、もやもやとした物をぶつけるところは食い気のみ。
映画を見る前にポップコーン(L)とドリンク(M)を2杯たいらげたときさんですら「モスドキャンペーン」のWテリヤキをむさぼり食いながら「なんだかなー」を連発。

猫丸の何よりの喜びは、このやるせなさを一人で持ち帰るようなことがなかったこと。

オフってすばらしい。

この感情を共有できる友よ。大事にしたいぞ。

え?写真ですか?映画の写真は撮れなくて当然ですが、やけ食いしたWモスバーガードーナツバージョンです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日経BPからは図書券

日経BPからは図書券
図書カード最近使わないですよね!

アンケートに応えた粗品としていただいたのはいいけど、大きな声では言えないけど本を買う時はほとんどAmazonなので、図書カードが使えないんじゃなかろうか。

さくっと家の者に持って行かれたけど、あまり惜しいとも思えないのは、金額じゃなくて、使い勝手かもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エコとオーガニックとおいら

エコとオーガニックとおいら
ちょっと前にカーボンオフセットの投稿をしたら、キャンペーンに当選した。

クオカード500円分が同封されたキャンペーンの案内なんだけど、7/4から5日の二日間、「GREEN EXPO」なる催しが、横浜のパシフィコで行われるらしい。

知人のエコさんという方が、東京方面では、エコイベントが多くなっているというお話をブログにアップされていた事を思い出したけど、横浜までエコイベントを見に行っていたのでは、ちっともカーボンオフセットにならないというジレンマが。

かといって、地元では集客に難があるだろうし、いろいろな会社が静岡県東部くんだりまで、いろいろなものを運んでくるのもエコじゃない。

エコな暮らしってなんだろうねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊急映画オフ開催(5/19)

いきなり差し迫ってしまった話で恐縮です。
来週、映画オフを開催します。

なんだか、ずいぶん前に「キネマ倶楽部」立ち上げて、CGIにスパムが多くて閉鎖してから、話題にするのを忘れていましたし、映画にもなかなか行けてなかったんですけど、緊急企画です。

お題は「斜陽」です。
何でいきなりこんな暗そうな映画を・・・。

というのも、この映画には猫丸が好きなサトエリが・・・ではなくて、三島市内のいくつかの施設でロケが行われているんですね。これはぜひ見て、確認しておきたい。

少林少女の時には、伊豆仁田駅や静岡県立大学等、さすが三島出身者がプロデューサーをやっているだけの事はある映画だったけど、結局見に行かなくてテレビで見たし。

三島市内のロケ地というのも、みしまプラザホテルアフターバー石垣というから、是が非でもなんとかしたい。


日 時/5月19日(火曜日)21時10分上映開始

場 所/サントムーン柿田川内 シネプラザサントムーン


出欠確認は、例によって三島SNSの方でしますが、ここでコメント書いてくれても良いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoto'09 絶賛!!

Buynow_ilifebox20090106実は甘味オフの際に大絶賛したんだけど、Mac用のソフトiPhotoの'09、ものすごく良い!

何が良いって、「人々」という機能。これに尽きてしまうんですけどね。

そもそも、自宅で普通にパソコンを使う理由は、ほとんどネットブックでも足りてしまうようなことが8割り以上。残り2割がワープロかも知れないけど、最近ではデジカメで撮った写真の整理が大きな目的であるかも知れない。

パーソナルユーザーのためにappleが用意しているソフトが「iLife」のパッケージなんだけど、その中のiPhotoが写真整理をになっていて、猫丸もずいぶん前のバージョンから、使っていました。

今までのイベント別などで自動整理を行ってくれたんだけど、今回のバージョンは、人の顔を判別して、人別に整理してくれる。

いくつかの顔に名前をつけて「はい、この顔の人は猫丸」「このひとはときかわさん」としてゆくとiPhotoが徐々に「猫丸ですか?」と訊いてくる。

こうなってくると、むちゃくちゃ楽しい。
いつの間にか、猫丸の写真集が作れるような状態に・・・。もちろん、ときさんの写真集とか、ぬらさんの写真集とか。
おかげさまで、以前よりデジカメが楽しく感じられるようになったし、人を撮りたいと思うようになりましたよ。

乱暴に言えば、このソフトを使うためだけに、WindowsからMacに切り替えても良いくらい。
WindowsでできることはおよそMacでできないことはないし、いざとなれば今のMacではWindowsも立ち上がる。ぜひぜひといった所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あきは誕生月記念甘味オフ報告

タイトルの通り、本日オフ会を実施して参りました。

実施までの詳細につきましては、三島SNSにコミュニティがありますので、興味がある方はそちらに。

で、企画内容としては、三島市内甘味処食べ尽くしツアーで、欅に集合、丸平商店、水月、壺中天と巡ってきました。

Img_0106_2
親子参加のあねごに依れば「どの店もろくにウェブ情報がない」とのことで、交通の案内なども不十分で、車で欅に集合するのも、一般的には解りにくいらしい。

三島市民にはわかりやすいけど、確かに車ではなれてないと厳しいかも。

何せガードレールもなく道の右側がいきなり桜川ですからね、あの道は。

何とかたどり着いていただいて、猫丸、ときかわとあねご親子で頂きました。

写真は猫丸のフルーツみつまめ(1,250円)です。

この盆のまえにお抹茶と名古屋の銘菓店両口屋是清謹製の四国特産の和三盆糖を使用した干菓子「二人静」(ににんしずかと読むようです)をいただいていますので、価格にはそちらの分も含まれます。

フルーツもたっぷりだし、メニューだけ見ると「えっ?みつまめがこの値段?」と思うかも知れませんが、お抹茶セット、みつまめについてくるところてんなどもまとめてなので、お安い感じすらします。

寒天は堅すぎず、柔らかすぎずのよい加減。最初のお店としては大満足。

ここで少し遅れてあきはさん、だいすけさんが登場。

スケジュールがあるので、とりあえず飲み物だけで次に行くことに。


Img_0108_2
次は大社前の丸平商店

まぁ、去年の夏に無理矢理甘味オフを開いているので、知ったメニューではあったんですけど、モッフルの「和」(500円)を頂きました。

おなじみモッフルに抹茶粉とアイスクリーム、小倉あんが載っていて、黒蜜で頂きます。

ここは単品ですが某ときさんはわらび餅一つでは飽きたらずしょうゆアイスクリームまで食べてました。一口もくれなかったけど。
くれなかったけどくれなかったけどくれなかったけど。

それにしても、餅もけっこう腹にたまるんですよねー。

既に満腹感が漂ってきています。

Img_0109次も中央町にある「水月」ですが、ここも新しいせいか、ウェブ情報は皆無。

お店の方すらが、猫丸のこのウェブログのプリントアウトを用意している始末。

「どうして?」って尋ねたら、「甘味 水月って検索したら、これしか出てこなかった」とのことで、確かに今でもここと、ボイスキューのパーソナリティ佐藤陽子さんが4/12の放送でとりあげた情報くらいしかないのも事実。

お店に入る前にときさんが以前広小路の静岡中央銀行あたりで店を開いていたおもちやさんのおばちゃんが、引っ越してきた露天であんころ餅を購入。一袋500円也。


で、お店では「とら焼き」を六等分してサービスしていただきました。

一つ170円だったかな?虎模様が付いたどら焼きなんだけど、餡には「トラ豆」を使うというだじゃれの応酬。

そこまでトラにこだわるか?
白あんで美味しいし、黒い小豆あんと違って見た目も綺麗。

サービス品を頂きながら注文したのは「白玉あんみつ(650円)」です。
餡はこしあんでしたけど、自家製じゃないんじゃないかな?ん?ん?って感じ。

だけど、寒天は間違いなくテングサから煮出して作った、それも一番絞り物。

一番物はプリプリこりこりとした食感とテングサの香りが特徴。

先の欅の寒天が良い頃合いの寒天だとすれば、水月の寒天は最上。

ものすごく贅沢に使ってるんだけど、本当にこれで良いのかな?

寒天が堅いのが田舎くさいという気もするけど、この贅沢には換えられないと思いました。


一行は最後のお店、壺中天に向かいます。

Img_0111こちらもまだまだウェブ情報は不足しているお店。

写真見ると「あれ?こんなもんかい?」と感じる読者の皆さん。

はい、そうです。猫丸ちょいと腰が引けはじめたかも知れません。

写真は「抹茶セット(500円)」の和菓子だけですが、だいすけさんが頼んだのが「トースト」。

オリジナルの粒餡とアイスクリームが載っている5枚切りくらいの食パンのトーストなんだけど、あんこの量がハンパじゃなかった。

090509_16040001価格は800円で、頼んだ時は「なんだよ、トーストなんて、逃げてるじゃねぇか」と文句を言ったんだけど、逃げてたのは抹茶セットを頼んだ猫丸でしたよ。ちなみに、この写真が、送られてきたので、貼付しておきます。トースト。

お上品に仕上げようとして、美味しくはあったんだけど、なんだかトーストに負けたような気が。

お抹茶もお茶歴が長い方が点ててくれただけあって滑らかで美味しかったです。


さてさて、4店舗巡ろうと言い出して、まさか本当に四軒はしごする強者ばかり集まるとは思っていませんでした。

おかげさまで、本来であれば4回に分けて書けそうな甘味ネタを一気に書いてしまいました。
他の所にはそれぞれに分けてアップすることにします(笑)。

全員が甘味を堪能して帰途につきましたが、晩ご飯食べたんでしょうか?
はい、猫丸は食べましたよー。焼き魚でごはんをもりもり食べましたよ。

昼ご飯の焼きそばももりっと食べていったし、明日はこのカロリー、消費しなくっちゃ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

入浴剤って女目線だった?

「天然薄荷使用〜おやぢ〜」って入浴剤・・・。
このサイトによると、今までの入浴剤って女性用の物ばかり・・・だったの?
あまり気にしなかったけど、バスクリンは「中将湯」のツムラだし、アース製薬のバスロマンのCMといえば細川ふみえだし(だから女性用と言うことでもないけど)、花王のバブの香りのラインナップはかなりのバリエーションがあるけど、確かにバラの香りなど、花由来の物が多い。

うーむ、クールバスクリンとか、クナイプとか、猫丸の中では、特に女性用というイメージはなかったんだけど、そうなのか?

それとも「男は黙って六一〇(ムトー)ハップ!」という世界だったんだろうか?


で、お題は「こんな入浴剤があったら毎日使う!」という奴なんだけど、そんなわけなんで、なにはともあれ毎日使っちゃってるのね。

とりあえず使ってしまっているけど、本当だとカマに悪影響が少なくて、排水後の下水処理施設などにも優しい天然成分を中心にした物があれば、ベターだと思うんだけど、そういうことを謳っている入浴剤は今のところないような気がする。

それに、もしそう謳っていても、毎日使うとなると気になるのは価格。
「男が使う」というと、価格度外視ということになりやすいような気がするんだけど、やはり毎日使う物は価格ですよね。

それから、容量。
バブとかはばら売りもしてるし、高級感丸出しで、「毎日」ではなく「疲れた時」って感じの商品だけど、毎日使うなら、せめて一月使えるくらいの容量が欲しいですよね。
そうそう買いに行きたくないですからねー。

さてさて、「おやぢ」入浴剤ですが、一番最初にお風呂に入ったら、後で女房や娘が「おやぢくさい」と、いったんお湯を落としてしまったりしていたら、ショックで立ち直れない。

オヤヂ用でなくて良いから、女性にも受け入れられる物が一番ではないかと結局は考えたりしてね。

男性におススメの入浴剤★天然ハッカ使用~おやじ~ ←参加中

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »