« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

デブの何が悪い

今日、友人と話をしていて「詮索してはいけないことを聞く癖がある?」という話になりました。

そーねー。
たとえば「猫丸さんてばいつからそんなにデブなの?」
とか聞かれてもちょっとショックかなー。まぁ、スリムだった歴史は金輪際ないに等しいというか、皆無というか、親が食べさせるのが好きというか、本人も好きというか。

「ほっといてくれよそんなことわざわざ聞かなくたって」とも思うけど、でも、普通の会話の中で、そういうことまで聞いてくるような友人ではなかったので「それはコーヒーと紅茶とどっちが好き?」とかいう質問を「詮索」と受け取るかどうかと言うほどレベルの低い話なんじゃないかという事になりました。

この、「デブ」と「コーヒー」の間にある質問なんて様々だし、人によって聞いてほしくないことのレベルも違うので、考えてみると、そういう切り口で人の質問を封じるのは、きわめて不遜だとも思うわけです。

ところで、デブと言えばここ
ちょっとぐっと来るよね。くるけど、そこまで開き直らなくてもいいような気もする。
ただ「美味しく食べられる体を作る」には、激しく同意したい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

保守派はリベラル派より"脅威"に反応しやすい

「保守派はリベラル派より"脅威"に反応しやすい」:驚愕反射テストで判明

政治のことはよく解らないけど、保守派ってのは経験や過去からの英知を大事にする人達で、リベラル派ってのは自由主義者で、チャレンジする人々のことですよね。

なんだか、そりゃそうだって気はしますよね。
性質的に保守的な人は政治的にも保守的な考え方をするだろうし、発想が自由な人はリベラルな考え方に賛同するんだろうと。

で、自由な発想を自分がしていると、周りもそうだと思っているから、多少びっくりするようなことが起こってもショックには感じずに「そーかー、そーきたかぁ、びっくりしたなぁ」で済むんだけど、保守的な人からは、きっと何が起こったのかも解らないほどのショックを受けるんでしょうね。

ちゃんと筋道建てて理解できる速度で起こることはどちらの人も同じように理解するとしても、瞬間的にはそういう物かも知れません。

で、猫丸ですが、周りからどんな風に思われているかも知りたいですが、リベラルな立場にいたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/11 EXERMUSICオープン!

実は未だ、このての話題についてのカテゴリーわけがない。
あるわけないよ、こんなに続くと思っていなかったからねー。

で、今回は「EXERMUSIC」オープンの話題。
実はNike+のHuman Race 10Kmに参加した時にもらったトレッドミルトレーニングの音楽ファイルもあるんだけど、なにぶんにも「トレーナーが外国人であること」「レースに参加することが前提」なトレーニングメニューであることなどから、何となく流しているだけの音楽だった。

ところが、この日本版の音楽サービスは、ジョギング、ランニングのための音楽に特化したサービスをしているところが新しい。
しかし、ダウンロードの際に選ぶメニューを見ると以下のようになっている。

1.景色を見ながらゆっくりジョギング (BPM160)
2.無理ないペースでサラッとジョギング (BPM165)
3.ちょっと速めにしっかりジョギング (BPM170)
4.レースをイメージ、本気でジョギング (BPM175)

後ろの方の「BPM」に注目していただきたい。
つまり、このピッチの楽曲だけでプレイリストを作れば、自前で音楽リストは作れるって事ですね?

最初の無料お試し版(登録不要)の3分のファイルをダウンロードして、けっこうぴったりのペースが気持ちよかったので、会員登録だけはしてみたんですけど、もしかしたらiTunesのBPMでファイルを選べば思い通りのメニューが作れるのかも知れない。
そうは思ったけど、ちょいとメモのため、エントリーを作ってみましたよ。このサイト、日本語でコーチしてくれるのがちょっと嬉しいけど、一応Nike+も女性の声で今のペースとか教えてくれるもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YUMOTOでアイラディスティラリー巡り

そういえば、このカテゴリー久しぶり。
けっこうよく飲みに行っているのに、TOPICSになるような飲み方をしていなかったんだね。(反省)

さて、ひさしぶりにYUMOTOに行ってきました。奥様が日本一のバーテンダーになってしまって、さぞや混んで居るんだろうと遠慮もしてしまっていたのだけど、それほどでもない。
まぁ、いつのまにか満席になっていたし、たまたまタイミングが良かったのか?

で、いつも、この店に来て飲むものは決まっている。基本的には「ラフロイグ」を飲む。
アイラモルトの一つで、ラフロイグはスコットランド北西に浮かぶアイラ島にある蒸留所(distillery)のひとつで、猫丸の好物の一つ。

要するにスコッチウィスキーというわけだけど、製造過程で原材料を乾燥させるのにこの地域で採れるピートという「泥炭」を使用するため、海草のヨード分を多量に含んだピートの香りが豊かに付いたお酒となっている。
この香りがなんというか、所謂ヨードチンキとか、正露丸のような香りで、癖が強い。

アイラのスコッチに初めて出会ったのは、「修善寺虹の郷」の中にイギリス村というところがあって、そこでショット売りされていた、ボウモアとの出会いが初めてのアイラ。インパクトあったね。

ボウモアもピート香が強いスコッチだったけど、最近はラフロイグ、そしてラガヴーリンあたりしか飲んでいなかった。
実は、アイラモルトってのは種類が実はとても少ない。
だいたい、スコッチはスコットランド地方の南側のロウランド、北側のハイランド。
そしてハイランドの一部ではあるんだけど、スペイ川流域に面したスペイサイド。
それ以外の島々で作られているアイランド。また他の島とは区別してアイラ、キャンベルタウンというように分けられているらしい。キャンベルタウンにはそれなりに思い入れもあるスプリングバンクくらいしかない。スプリングバンクを頂くのはイシガキに行った際である。(妙なこだわり)

キャンベルタウンはそんなわけで、攻略済み。
アイランドモルトには、ただ「島うさき(沖縄かよ!)」という共通項があるだけで、味に共通項がないので、攻めても面白くなさそう。
ハイランドがスコッチの8割近くの産地であるのに対して、アイラには、9つの蒸留所があるだけ。
1割を切る比率の9つのディスティラリーのうち、一つは閉鎖中で、一つは3年ほど前に初蒸留したばかりなので、いかに早くともあと2〜4年くらい待たなければお目にかかることは出来ない。

Img_0050つまり、飲めるのは7つ。
これは攻略してみるのも楽しいのかと清美ちゃんに今YUMOTOにあるアイラモルトを頼んでみた。
ボウモア・ラガヴーリンはすでに知っているし、ラフロイグをいきなり頼んでしまったので、2杯目に持ってきてくれたのはアードベグでした。
これがまた、殺人的に臭い(笑)。一緒にいた友人に「これが飲み物なのか?」と言わしめたほど。

そして、もう一杯おかわりを頼んだ際に出てきたのはブナハーブン。
後から調べて解ったことなんだけど、アイラモルトの中で、濃厚なピート香を放つのは、島の南側のボウモア・ラフロイグ・ラガヴーリン・アードベッグの4蒸留所で、他の三つ、ブルイックラディ・ブナハーブン・カリラでは比較的弱い。特に弱いのがブナハーブンだったよう。

長くなったけど、説明が長い(笑)。長く書いた割りには3杯でへべれけになっている。あ、そうか、その前にビール5杯くらい飲んでたんだっけ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

追い打ちのクリスピークリームドーナツ

Img_0055えー、一部の読者の方には大変申し訳ありませんが、本日もなぜか銀座に行くチャンスがあったので、イトシアに行っちゃいました。
有楽町駅の前もびっくりするほど変わっちゃいましたね。最も再開発されていなかったエリアにできたイトシアの地下もとてもきれいです。

クリスピークリームドーナツは行列こそ少ないものの、20人程度の行列にお約束の「並んでくれてありがとう」ドーナツが一つずつ配られて、「箱買い」の我々はほとんど待つことなく買うことが出来ました。
さすがに去年のような馬鹿げた行列はありませんでした。

お味が云々と言うことはもうしませんが、さしもの猫丸も二日続けて朝飯にドーナツを買ってくるとは思わなかった。甘いよー。とくにここんちのオリジナルグレーズドは、朝飯にはきついかも知れないほどの甘さ。あ、味が云々言ってるよ。

そんなわけで、「一つ二つあればいいのよ」という方には大変申し訳ありませんが、1時間近く並ぶ覚悟が今でも必要なようです。「要らないのに1ダースも買ってきてしまった」というご近所の方は、お電話ください。食べに行きます(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

麺徳 二代目 つじ田 麴町店

麺徳二代目つじ田行ってきました、タイトルの通りのラーメン店ですが、カウンターのみ8席だけのお店です。
大体、この店名「麺徳二代目つじ田」はいったいどこからどこまでが正式名称なのか、さっぱりですが。
昼過ぎから15分程度並んでいたのですが、雨が降り出して、店のお姉ちゃんが「あー。傘もってけって、親にいわれたんだっけー。忘れたけど。」と、間抜けなほけをかましてくれていました。

兎に角、一番話題に登っていると思われる「二代目つけ麺」を注文。注文と言っても入口の食券自動販売機で購入して、件のおねえちゃんに渡しておくだけ。
オリジナルのすだちが載った太麺に、のり、チャーシュー、メンマ、煮玉子などの基本トッピングが「全部のせ」になったメニューで1,080円。

一部のサイトで、「盛りが少ない」と書かれていたのですが、比較的大喰いの猫丸にも充分な量でしたよ。
味については個人差もあるし、あまり言及しませんが、こってりしてます。
「油が多いのが好みの人は言ってください」と書かれていますが、いったいどんな奴がさらに油を足すのか、謎。
「スープ割りもできます」ともあるので、わってもらったんだけど、割ったところで、まったく濃さが、変わらない。味がクドいのではなく、スープその物が濃いわけだね。

有名店にわざわざ行くような事は今まで無かったけど、ヤッパリ体験しないとわからない価値ってのもあるのかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

焼きドーナツのmiel

Img_0052えーと、どこからどんな風に「これ食わなくちゃ」と思ったのか、今となっては定かではありませんが(笑)、焼きドーナツを買いに行ってきました。
まぁ、買いに行ったわけでもないんだけどね、とにかく銀座に出たついでに買ってきました。
同行者が居て、急がれて居たので、本当は銀座本店に行きたかったんだけど、「miel donut プランタン銀座店」に行きました。

プランタン銀座の中のお店は既に1周年という事で混んでいなかったし、普通。
銀座本店のカフェでドーナツプレートを頼んで、コーヒーも頂きたかった。「焼きたてのドーナツにフランス産エシレバターを添えて」1,100円・・・頼みたかった。
まぁ、言っても始まらないし、買ってきたドーナツはおいしかったし、大満足ではありますが。

ドーナツと言うより、ケーキですね。真ん中に穴が空いた(笑)。
昨年8月にクリスピークリームドーナツの新宿サザンテラス店に並んだのに、その後出来ていたmielに来るのにまた1年かかってしまった。最新スポットにくるのに1年がかりじゃしょうがない。
しまった、急がれたので、クリスピークリームドーナツ有楽町イトシア店に寄ってくるのも忘れた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

道に落ちているゴミで悪意を感じる物は?

ちょっと気になったので、@niftyのAbout meで質問してみた。

もちろん、毎日路上を見ていて、よく目につくものを選択肢に選んだわけだけど、意外な事に「悪意を感じる」もののランキングでは、「どう考えても悪意があったとしか思えない」食べ物のゴミや飲み物のゴミ、タバコのパッケージなどはランキングが低く、大目に見れば「あーうっかりやっちゃったかなー」という感じもする、吐瀉物、タバコの吸い殻などは上位になっている。
なんと言ってもトップなのはガムのかみ終わったゴミ。確かに悪意は感じるけど、ほかのゴミの出現率に比べると、「悪意がある人は本当にごく一部なんだ」と感じるほどレアなアイテム。

ガムと吐瀉物は踏んづけてしまった際の失望感が相手への憎しみにかわってしまっているだけで、実は「悪意」とも違うような気がする。被害を受けてしまう路上ゴミという事なら、コップや茶碗などの割れゴミを放置しているのもかなり悪いけど、これは急いで持ち運んでいて、割れてしまった。新聞紙も箒も当然持ち歩いていないので、仕方なく放置した。という経過も考えられる。
被害を受けるけど、悪意はない。

ゴミってのは、本当に奥が深いと思う。
そういえば、今週月曜日の燃えるゴミの日に、市指定ゴミ袋の中に新聞紙、ペットボトル、スプレー缶などが詰まった物を見かけた。今時珍しいくらい物を知らない。知らないんじゃなければ何だろう。不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吸殻拾いの効果

このウェブログのリーダーなら、ご存知の方も多いかとは思うけど、猫丸
は長年に渡る喫煙により、地域の皆様におかけしたご迷惑へのおわびの意
味と、「綺麗な街と言われる街」に住む為の活動の一環として、自宅前か
ら駅前までの路上に落ちている吸殻を毎朝晩拾い集めています。
個人的な趣味でやっている訳だけど、今朝、駅前で声をかけて下さった
「オネェサマ」がおもしろい事をいっていたので、記録にとめておく。

「あら、たいへんね。ほんとにいっぱい落ちてるわね?どこから?」
「そうですねー。僕の家からここまでです。」
「おんふらんすのお兄さんも拾ってたわね。」
「やっばりそうですか?見間違えじゃなければそうじゃないかと思ってい
たんです。」
「そうなのよ。あれからわたし、あの店使うことにしたのよ。」

そうなんだなー。
ゴミ拾いも、見てる人はみてるんだねー。
そのわりに、捨てる人が減らない事に憤りを感じるんだな。
=^^= Nekomaru at iPhone =^^=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリア旬感料理パッパトリア

イタリア旬感料理パッパトリア写真でお判りになる方もいらっしゃるかも知れませんが、ヴァンビーノがあった場所です。

単なる改装だと思っていたのですが、できあがったら看板ごとかわっていました。
ヴァンビーノだって味には定評があったし、猫丸も通っては居なかったけど、メルマガくらいはよんでたのにね。

これからが楽しみなお店のひとつです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Nike Human Race 10k

どういうカテゴリーにするかはともかく、最近マイペースに走っていた事は前述の通り。
でまぁ、走るツールとして使っているのが、Nike+というわけだけど、さすが猫丸(自画自賛)、ただ走るなんて事はしない。このNike+そのものが非常に優れもので(決して新しいデバイスというわけではないけども)もしかしたら、まだまだ伸びる市場なのかも?

というわけで、Nikeが主催するレースイベントがこの8月31日に行われた。
いきなりレースに出場なんて、自分がどれだけ走れるのかも解らないし、周りにご迷惑をおかけしてもと思うと、本当のレースに出るのはよほどの自信家でないと無理かも・・・。もちろん、速さや記録のために走っているわけではないので、完走したり、楽しかったりという事のためなので、さらにレースに出るという意味が難しい。

しかし、Nike+があれば、自分の走りたいときに10K走ってエントリーさえすれば、一緒にじゃなくてもこのレースに参加できた。だから、昨日の朝から、10Kを走るつもりでおとといは飲んだくれていた。(意味ないじゃん)
結果は上記の通りで、全く威張れるような結果ではなかったけど、とりあえず発表。
何人参加したのかはまだよく解らないけど、現在の所(9月2日までエントリーできるから)12,162位。桁違い。きっとえらく遅かったんだろうなぁと反省して、ほかのデータを見てみると、富士山で行われた日本のレースでのアベレージは1時間1分22秒とのことで、猫丸の記録と大差ない。というか、ほとんど平均。

比較的高低差の少ないコースで10K走ったとはいえ、まずまずついていったという所か?
誤差の範囲で、多少のずれは出るけど、少しは自信がついた。いずれはホノルルに毎年エントリーできるようになりたい。目的があれば、堂々とハワイに行けるし。(かなり近い目標として設定してある)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »