« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

MyMiniCity

mixiのコミュニティの中で、紹介されていたので、行ってみた。
よく解らなかったので、作ってみた。

本当は「猫丸帝国」とかにしたかったんだけど、現状を見ると、「帝国」というにはあまりに笑える。

http://nekomaru-city.myminicity.com/

これだ。
もしこの風景が「帝国」だとすれば、いったいどんなドラマが・・・。
そう思うと、いっそのこと帝国にしておけば良かったとも。
ぜひお越しください。

とは言っても、このサービス、特にアフィリエイトが付いているわけでもなく、ただ単に訪問者がふえると、人口も増えるし、町も発展するといった寸法らしい。
どうも外国語サービスは中身が解らん。
解っている人、がんがんトラックバックして教えて欲しい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

蕎麦の店「福禄寿」

蕎麦の店福禄寿今年10月にオープンしたという、そば店はご存じだろうか?

リベラ・スコーレの横の所。
その昔洋品店だったけど、フレンチレストランになったりブランド品中古店になったりで、すっかり定着しなさそうな場所になってしまった、あそこにある。

値段があまり安くないようなので、よほど美味しくないと社亭や無限庵、むさしなどそばだけでは勝てない。

さらに、砂場や三平のような郊外型の店でもないし、難しいんじゃないかな。
なんらかの工夫をして、老舗になってほしいと願います。願ってるだけじゃ駄目?食べに行かないと?そうですね。(((^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

twitterってなに?

最近特に新しいこととかに手を染めていなかったんだけど(それでも、おそらく「新しもの好き」という評価は変わっていないような気もするけど)、twitterなるものが気になって。

http://twitter.com/nekomaru/

とか、アカウントを作ってみました。
作ってもまだ何がどうなのか解らない。
freemlや、最近のSNSっぽいサービスでは、「今何をしている」とか、「今どんな気分」とかを入力できるサービスを見ることが出来るけど、どうも、それのもとになっているサービス?

携帯電話や、専用のアプリなどからでもこの「今何してる」を更新できるらしいので、興味を持ったんだけど、なにぶん英語なサービスで(笑)。どうなる事やら。

ところで、やってる人居ますか?

| | コメント (6) | トラックバック (1)

おもてなしの心 丸一のひもの

実は前の「ひなよし」と今回の丸一の干物と、「おもてなし二題」シリーズで、一気に書こうと思ったんだけど、ねたを小分けにしました。

さてさて、みしまプラザホテルギャラリーアネックスの前に干物屋さんができたのはご存知の方も多いはず。

「え?沼津じゃなくて、三島に干物?」

と訝る方もいらっしゃるかもしれませんが、三島に旅行にこられた観光客の方が「ひものは売ってないの?」とおっしゃることが多いというのも事実。

われわれも、名古屋駅までしか行っていないくせに伊勢の名物の赤福もちを買ってきていたし(これから買うことができるようになるんだろうか)、浜松まで行かずにうなぎパイを駅で買ったりしていないか?

三島で干物が買えなかった方が不思議な気分でもある。

んで、この「丸一干物」が、いかほどのものかと言えば、儲けよう主義ではなく、沼津の本来の天火干しのひものにこだわり、本当によいものを提供していれば、理解を得られる。
という、理想的な経営者。これからも、長く良いおつきあいが出来ればと思うので、ぜひ、利用してみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

突撃!ひなよし

以前、表から見ただけの感想で、エントリーをアップしたけど、今度は実際に店に入ってみてのアップです。
実際に入ったというか、お話を伺いに行ってきたのですが。

さてさて、「ひなよし」さんですが、昔のお店のことはよく存じ上げないのですが、新しいお店のほうはというと、ちょっとやばいですよ。
常連さんも多い人気店だったので、店を白雪通りから、愛染の滝裏に移しても、やはり常連さんは来てくれているのだそうで、それに駅前の目立つ場所にできたために新規のお客様も増えて、うれしい悲鳴を上げているそうです。

常連さんばかり大事にするのではなく、今までのお客様とは違った層が来てくれる様になったので、愛鷹牛のステーキなど、少し系統の違うメニューもよく出るようになってきたそうです。それにしても、愛鷹牛のステーキが1500円だそうですから、ある意味安い。

和食だけではなく、タコのカルパッチョなどのイタリアン和食や、創作料理などもたくさんあるので、味のバリエーションも楽しく、店構えも非常に上品。

芝本町の「さがみ」をちょっと上品にして、東本町の「その」を明るくした感じ?
日本酒の品揃えは豊富で、久しぶりに神亀も見ました。日本酒は750円から900円くらいがコアな価格帯かな?
やすくはないですが、決して高くは無いと思います。

常連さんはもちろんご存知でしょうが、ご主人も大変気さくで、料理や、こういった仕事に対して、大きな愛情を持つ素敵なご主人でした。

「客単価ですか?4,000円から5,000円というところでしょうか。お酒の飲み方にもよりますよ。」

当然といえば当然な回答。猫丸の私見から言っても、高くは無いけど安くもない店。
2ヶ月に一度くらい、二人か三人くらいでカウンターでお酒を二合ずつ位いただいて、帰りにユモトでカクテルかスコッチを2杯くらいいただいて帰りたいお店です。

あー、なんか、長らくそんな飲み方してねぇな。がーっと一次会(もうすでに宴会気分だし)で飲んで、帰りがけにアイスキャンデー買ってお風呂入ってアイス食って寝る。みたいな飲み方ばっかりだ。ちぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

芝町カフェ

芝町カフェ三島の「カフェ」というと、どこになるんでしょうかね。

駅の中にあるコーヒースタンドや不二家は含まれないだろう。

駅南のひまわりなども除外対象と思われる。
では、欅はどうなんだろうと言うところか。

「おやぢ」には入りにくいところがカフェとか、オムライスがふわとろなのがカフェとか、ミートソースが喫茶店でボロネーゼがカフェとか、カレーライスが喫茶店ならキーマカレーがカフェとか。

カフェの定義は分からないけど、今のところ猫丸の中で「カフェ」カテゴリーに入ると思われるのは、喫茶店から代替わりで新築移転してカフェに生まれ変わったロブロイ。
FIAT ABARTHなどのレストアファクトリー併設という変わった特徴を持つ、箱根のカフェ・コルソ・マルケ・38。家畜用の焼き印なども売っていた荒もの屋がリノベーションし、現在の若女将を得た、三嶋大社脇の丸平商店。他にもCreamやディレッタントカフェなども含まれる。

そして、今回行ってみた「芝町カフェ」が今年10月25日に追加された。

建物は普通の民家。入り口は三島市内でいえば、有名バー「YUMOTO」の入り口のような引き戸。それもそのはず、同じ空間プロデューサー会社の手掛けた作品でした。

勇気を持って開けてみると、落ち着いた空間がある。
これはなかなか。
いまやしる人ぞ知る有名店かもしれないけど。

場所は、簡易裁判所の前にある「かぶと虫3」の右側を入った突き当たり。この説明で判らなければ連れてってあげるしかない。ネットで検索すれば、オフィシャルサイトはなくても、様々な情報が出ているので、自分で見つけて、行ってみるのも良い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BIGブタメン食べてみた。

BIGブタメン食べてみた。本当はもっと高次元な食べ物の話を書こうと思ってたんだけど、とりあえず買っちゃったんでご報告。

まぁ、どうだろうと「ブタメン」ですよ。
大きくなろうと、コラボ新発売でも、味も内容もブタメン。

ベビースターラーメンのおやつカンパニーの製品だから、故安藤百福じいちゃんがどうとかって事ではないけど、チキンラーメンを彷彿とさせるあのブタメンが、そのまま大きくなっただけ。
本家日清チキンラーメンどんぶりだって、カップ麺になった時に具を入れたのに。
申し訳程度にゴマが若干入っていたけどね。

さすが、食事とか、軽食ではなく「おやつ」な会社!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

小の久よせ豆腐「生粋」

小の久よせ豆腐「生粋」ときかわ氏も御用達の清水町卸団地の小の久で、昼ごはんのおかずに買ってきました。

大豆の味がしっかりする、ふわふわとろとろのおいしいお豆腐でした。

それにしても、原材料に「フクユタカ(佐賀)」、「ツルムスメ(北海道)」などとあり、はじめて大豆にもブランドがあることを知った猫丸でした。

ごちそうさまです。ほんとは一つ350円のところ、サービスで250円にしていただいて、豆腐用のつゆもつけてくれました。

一人で食べるには、少し多いかと思ったけどぺろりといきました。あ、それは元来大食いだからか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛鳥II清水港寄港

●客船「飛鳥2」の船内見学募集!

伊豆半島の付け根に住んでいて、海も嫌いじゃないけど、沼津港とかあまり大きな船が来るわけじゃないし、スカンジナビア号は沈んじゃうし、光進丸もでかいけど、その比じゃない船が清水港には入っているのね。

飛鳥2が寄港しているなんて知らなかったなぁ。つい先日、12月10日に晴海に停泊中にぼやを出したあの飛鳥2ですからねー。郵船クルーズのサイトにも煙突火事の話題が出ています。

んで、その飛鳥2が清水港に来るのが、1月7日月曜日だそうで、「一般の方100名を船内見学ツアーにご招待」するそうで、この日程じゃなければ、是非行ってみたいところだったんだけど、さすがに、会社始まったばかりで休むわけにも行かず、断念。

もし、この日程でも行ける!って人は、ぜひ参加してレポート書いてこのエントリーにトラックバックしてください!
ちなみに猫丸、あからさまなアフィリエイト目的のサイトや、エッチ系情報サイトへの誘導のためのトラックバックは、24時間以内に削除していますが、この件は大歓迎ですので、宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pica Pau(広小路笑栄通)

Pica Pau(広小路笑栄通)つい最近できたファーストフード店、PICA PAUをご存じだろうか。広小路の笑栄通、北京ダックの目の前、線路際にあるお店だ。

看板にはLatin Fastfoodとあるのでファーストフードなんだけど、けっこう夜遅くまでやってる。

ラテンな猫丸としては興味津々だったので、行ってみた。写真は、店の名前を冠した「ピカパウ・バーガー(350円)」である。
モスバーガーならモスバーガー。マクドナルドならマクドナルドハンバーガーか、ビッグマック。店の名を冠すると言うことは、看板をしょっていると言うことである。

結論。まずい。つか、うまくない。バンズは焼いてから3日から1週間は経っているし、トマトもいつ切ったものか解らない。

売れていないことが全ての原因で、もっと売れればうまいのかもしれない。

しかし、「これはサービスで」といただいた、見た目ロールパンだった物は、クラッカーかパン粉の固まりのような代物だった。
もとからそういう食べ物なのか、日が経ってそうなったかは謎。
5ミリほどにスライスして、バターや辛子などをトッピングしていただいた。

たぶん二度ど行かないと思うけど、ラテンの血が騒ぐ人で賑わってくれると、もっと新鮮なものが食べられるかもしれないので、この店に行列が出来ているのを見掛けたら、連絡がほしい。並んで食べてみたい。

他にも看板メニューもありそうなので興味はあるんだけどねぇ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ビッグブタメン!

ビッグブタメン!だいたい、「ブタメン」そのものを知ってます?

日清とか明星ではなく、おやつカンパニーで作っているカップ麺。
一個60円くらいなので、小学生が小腹がすいた時に親に内緒で駄菓子屋から買ってきて食べるカップ麺なんだけど。

おやつカンパニー」で解らなければ「ベビースターラーメン」のカップ版。
コンビニなんかより、そのへんの駄菓子屋の方が多く流通していたんだけど、数あるブタメンシリーズの中から、「カルビ味キムチ風味」が、ビッグになってセブンに並んでおりました。これは買わねば!まぁ、いわゆるメガ盛りブームの中にあって、ビッグにしたにも関わらず、普通のカップヌードルと同じサイズなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大巨獣ガッパ

深夜映画でタイトルの「大巨獣ガッパ」をやっていた。
出演者、知らない知らない。1967年の日活唯一の怪獣映画で、子どもの頃見に行ったんだけど、暗闇に登場したガッパの姿が恐ろしくて、その前後のストーリーなんて覚えていないほど。
もっとも、6歳だったかわいい猫丸坊ちゃんがどの程度ストーリーを理解できたか、分かったものじゃないけど。ウルトラマンも同じ時期だったはずだけど、ウルトラマンの方が覚えている。やはりテレビはすばらしい。

それにしても驚いたのはこの映画に出ている山本陽子のかわいらしいこと。
そりゃそうだよね、この頃25歳。かわいい、笑顔が素敵(これは今でもだけど)、水着姿披露。
髪をアップにすると、お変わりないのだなーとおもうけど、とにかくちょっとファンになりました。

ってね、現在65歳。猫丸が6歳の時に25歳だったんだから、そうだよねー。残念だなー、残酷だなー。
年上の女性は、いつまでたっても年上だもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »