« 建物の痕跡 | トップページ | Gecko再び »

歩行喫煙防止条例とは

まぢめな話で、猫丸っぽくないというか、ひくっつーか、そんなネタですが。

路上喫煙について、実は何度も書いてきました。
きっかけは以前書いた吸い殻を拾うお母さんだったんだけど、その後、猫丸自身が禁煙したり、歩行喫煙が条例で防止されたりという動きがあったりしました。
このウェブログの「禁煙&喫煙」カテゴリーで見ていただければと思います。
どうしたら、街から吸い殻がなくなるんだろうといろいろ考えているのですが、試しに市議会議員の方に相談してみました。


抜粋なので、ご本人の真意をどれだけ伝えているか分かりませんが、猫丸としてくみ取っている部分を抜粋させていただきます。

猫丸「ちょっとした質問なのですが、市の条例の「三島市快適な空間を保全するための歩行喫煙の防止等に関する条例」ってありますよね。 また、第9条でも「当該公表に係る者」と、かなり曖昧にしか罰則を設けていませんが、世の中の流れがこの条例を定めた頃よりかなり進んでいるような気がするんですけど、いかがでしょうか?

喫煙者には厳しい世の中になってしまいましたが、我が心のふるさとハワイ州では2006年11月より新禁煙法が施行されて喫煙が許可されるのは、個人の住居、ホテルの喫煙客室(全客室の20%以内に制限)、刑務所のみとなったそうです(笑)。やりすぎだよー。
ハワイの個人には最大50ドル、企業へは最大500ドルの罰金をとられるそうですが、三島でも、この条例をもっと守れるようにする方法はないでしょうか。

「歩行中又は自転車に乗車中」についても、「路上」と表現し直した方がいいのではないかと思うほど路上には喫煙者があふれています。
ご意見聞かせて下さい。」

うるさいですね(笑)。喫煙者から見たら、きっとよけいなお世話なんでしょうけど。
解ってるんですよ。ごくごくごく一部の心ない喫煙者のために、普通の喫煙者が肩身の狭い思いをしているのは。んで、最初のこのメールの返信の抜粋がこちらです。

市議会議員「ポイ捨て条例に限らず、三島市のこの類の条例の多くは、啓発条例で、取締り条例ではないと言う考え方が大勢です。 さて、お尋ねの件ですが、啓発条例は個人の理性に訴えているわけですから、効き目がなければ実効が上がるようにしなければなりません。 路上とはどの辺を指すのか分かりませんが、個人的には、駅の周辺に禁・嫌煙者に迷惑の掛からない喫煙場所があっても良いと考えています。猫丸さんの具体的なお話を検証し、目に余れば、罰則規定を盛り込んだ条例に改正をする必要があります。 場所や時間等をお知らせ頂ければ、確認をしたいと思います。 首都圏の幾つかの市が、罰則を設けていることも承知していますので、効果が上がるようにしてみたいと思います。」

まぁ、これだけでもありがたいお返事でした。煙草を吸わない身からは、どうしても厳しい施策を考えてしまいがちですが、バランスのとれたご意見だと感心しました。んで、さらに。

P1010003 猫丸「駅前は繁華街なので、お酒を飲んだ後のみなさんが、お店の前でたむろしながら煙草を吸っていることが多いのではないでしょうかね? 気持ちは凄く良く解りますが、朝の惨状は、添付の写真の通りです。 ステーションホテルの前ですので、「仕方ないよ」というのも簡単なのですが、やはり駅前は町の顔ですし、朝までにきれいにしておきたいものです。

ちなみに、猫丸の自宅から、駅まで、毎朝晩往復して吸い殻を拾っていますが、毎日50本をくだらない量を拾い集めています。なかなか減らないので、やはり啓蒙できていないと判断するのですが、いかがでしょう。」

その後多少遅くに帰ったりする(ごめん、遅くといってもこの程度だけど)日があって7時過ぎに通ったりするんだけど、その時間では、ほぼ猫丸が朝拾ったとおりの状況のまま。つまり、たわけ者はもっと遅くに活動しているらしい。で、「いかがでしょう」の返事がこれ。

市議会議員「啓蒙できていないのは勿論ですが、それより猫丸さんエライと思う方が強いですね。写真のようでは、いけません。でも夜の夜中に寝ないで見張れともいえませんし、どうしましょう。 何もしないで何とかしろ!ではなくご苦労されている方の意見は通りやすいと思います。 具体的な提案をお聞きしたいと思います。」

えらくはないだろう。拾う物がなければ、拾わないぞ(笑)。
まぁ、それはともかく、提案しなくちゃいけない。んで、

猫丸「商店主、特に酒類を提供する店舗には、閉店時に店舗前を確認していただき、吸い殻等のポイ捨てがないか、確認していただくよう、指導できませんでしょうか。

僕もやっていますが、おそらく僕以外にも道などでゴミを拾い集めていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。僕がやれない日でも、帰りには吸い殻が無くなっていますから。
落ち葉や、自然の物なら仕方ありませんし、悪意は感じられるけど、それほど多くないペットボトルなどは片付けようもありますが、やはり吸い殻は、ねぇ。
ボランティア活動をされる方の多くは、朝からの活動になりますので、ホテルなどから、三島駅に向かって歩く方とかは、少しがっかりな風景を見てしまうわけですね。

観光地に行って、朝の散歩の際に気持ちいいかどうかは、結構大事ですし、楽寿園や、TMOパーク、白滝公園、櫻川、菰池など、水回りも素敵な駅前なので、その周辺住民にも協力を仰ぐ方法もありますね。

そういえば、夏前に、菰池あたりで歩きながら吸っている人がいたので、「こういう条例があるのはご存じですか?拾って歩いているので、捨てないでくださいね」と言ったら「おまえは市役所からいくらもらってるんだ、俺は俺の金で煙草を吸ってるんだから、どこで吸おうと勝手にする」と怒られちゃいました(笑)。
要は、そういう考えの人が道で吸うんですよね。より多くのマナーを守る喫煙者を守りたいんです。喫煙は悪いことだけど、権利も認めたいですよね。

いいな、と思ったのは、台東区の歩道にあった路上喫煙禁止のサインですが、カラーできれいでした。三島のは、地味で小さいですよね。もっと大きくて目立つサインを作るのもいいですね。」

あ、むかつくオヤヂのことを思い出しちまった。菰池公園付近に住んでる喫煙オヤヂ!
猫丸がおとなしい男で良かったな!とか毒づいてみるスレとかいわなくていいんだけどさ。

市議会議員「ご提案ありがとうございます。 市のほうと相談してみますのでお時間下さい。 ウイーン市では、早朝ゴミの収集をしていましたが、同様の配慮だと思います。

ポイ捨ての件ですが、昨日、猫丸さん(個人名やアドレスは伝えてありません)からの提案はどうなっているか伺いました。
 良い提案が多く現在予算化も含め検討しているとのことです。
具体的な場所が分かったので、早朝の対応が出来ないか、またマークについても気になっていたと部長の回答でした。
具体策が固まったら報告しますとのことでしたので、お待ち下さい。」

動きがあるんですね。
まぁ、市議会議員のみなさんは、ある意味市民相談を何件受け付けて、処理したかが実績なわけですから、こういう事は相談すれば動いていただけるわけなんですけど、本当に動き始めたらいいな。

猫丸「ひとつ参考までにですが、三島ステーションホテル前の惨状は実際に拾ってみると3種類くらいのブランドの煙草で構成されていますので、やはりお店の呼び込みの方が暇に飽かして吸って捨てていると考えるのが順当でしょう。

本当に一部の心ない喫煙者のために個人の趣味が制限されるのはどうかと思いますよね。」

ということで、煙草を捨てる人も少ない人数ですが、街の景観には甚大なる被害を与えます。
実は吸い殻拾いを癖になるまで増やすための影響を与えてくれた方がいらっしゃいます。
山本ミシン商会の社長さんですが、宮さんの川のほとりに店を構えているので、川を大事にしてくれていて「雨が降った後は、川に大量の吸い殻が流れ込んでくる」と言われたことが大変ショックでした。
山本さんをはじめ、様々な人が数少ない心ない喫煙者に立ち向かっているわけです。
仕方ないので、少ない人数でも、何かが変えられると信じて出来ることをしてみましょう。

|

« 建物の痕跡 | トップページ | Gecko再び »

運動と健康と喫煙」カテゴリの記事

コメント

猫丸兄さんは、昔タバコ吸っていたよね。
その時、路上ですったりはしてなかった?
どうやって、止めたのか、思い出してみたらどうかな。
うーん、「俺は最初っから捨ててなかった」
と言われれればそれまでだが(笑)

もちろん、携帯灰皿持って歩く人は増えたけど
吸っている人の後ろを歩くのは、
ポイ捨てしないまでも超いやですよね。

東京の本社はタバコを吸う人が結構多くて、
昼に外に出ると、ガード下の
ゴミ箱のような灰皿(ちゃんと設置してあるんだよ)
のところに必ず吸い殻を捨ててます。
歩きタバコはすごく嫌だけど
ポイ捨てしていないのは感心だと思った所存です。

吸うところにゴミ箱が無いのが一番の原因でしょうか。

あねご、電車通勤ですが、
沼津駅降りたとたんに、
リーマンが一斉に改札の外で火をつけるのをみると
本当にいまいましい思いです。
しかもみんなタバコを持った手を振って歩くんだよね。
間違いなく。
貴方の持っているタバコ、何度の火だねか知ってますか
といちいち言いたくなる。
腹立たしいですね。

吸わないと居られない病気なのだから
吸っていること自体意識が無いのだと思いますよ。
だから、ポイ捨てしているコトも、
自分では意識がないのだと思います。
ステーションホテルなんかは、
出来たらロビー前にでかい灰皿用意して
「ここで吸ってでかけましょう」
くらいしてほしいですよね。

あねご、タバコ吸っている人には
基本的に何を言っても無駄だと思っています。
自分が健康被害に遭う以外に
タバコ止めたの見たことって
ほとんどないですから
(猫丸さんの禁煙理由は存じませんが、
身体が悪くないのなら、類い希なる意志の強さと思う)
うちの兄貴も親父も「死んでも止めない」って言っていたくせに
身体壊して止めました。
今は亡き舅は、
「産まれてくる孫」のために禁煙した
これまた類い希なる意志の強いおじーちゃんだったですけど(笑)

答えになってないですね。
でも、新橋のガード下にはタバコ落ちてないと思いました。

投稿: あねご | 2007年10月18日 21時44分

はい、路上で吸っていましたし、禁煙施設の外の灰皿のところでたって吸っていました。

健康被害については、もともと言われていたことですし、顕在化する前に決断したまでで、意志も弱いので、別の薬(ニコチンパッチ)に頼ってやめたんです。「やめなきゃならない」理由ではなく「やめられそう」というイメージだけでした。(笑)

喫煙家が傍若無人なのはよく解ってます。悪気はないんですけどねぇ。中毒患者だという意識は薄いんです。それでも、マナーを守ろうとするけなげな喫煙者も多いはずなので。

ちなみにマナーが悪い三島駅前周辺の喫煙者がよく吸うたばこ銘柄は「パーラメントメンソール」「マルボロライトメンソール」「セブンスター」などです。まぁ、おそらくかなり少数の人間でしょうが。

投稿: 猫丸 | 2007年10月18日 23時08分

10月17日の午後6時前頃に、三島駅交差点あたりから本町交差点に向かって、ワイシャツにネクタイの人が、ビニール袋とゴミはさみ(名称不確定^^;)をもって、吸殻を拾って歩いていました。

小心者のわたしは、心の中で「ご苦労様、有難う。」といって通り過ぎてしまいました。

思わず後姿が猫丸さんかとおもったけど、違ったようです^^;;;

投稿: あきは | 2007年10月21日 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/16662552

この記事へのトラックバック一覧です: 歩行喫煙防止条例とは:

« 建物の痕跡 | トップページ | Gecko再び »