« エアーミュージシャン | トップページ | 心肺蘇生法 »

Mac用Windowsソフト

ビリーにやられちゃう前から気になっているソフト「Boot Camp」が、Appleが直接作っているIntel MacでWindowsを走らせることが出来るソフトなんだけど、某菊地歯科でも、徐々にIntel Macが進出してきているそうで、話に聞いたら、Boot Campではいちいちシステム終了させて起動(Boot)からやり直す必要があるんだけど、どうもWindowsのWindowをMacのWindowと同時に表示して切り替えながら作業できるソフトが便利で使っているらしい。

んで、なんてソフトを使ってるのか、聞いたんだけど、持ち前の記憶力の悪さで(笑)、すっかりなんだったか解りませんが、おそらくこの辺だったんじゃないかと。

猫丸が以前使っていた物は「Virtual PC」で、正直なところ、かなり遅かった。
マシンそのものの速度が追いついていなかったせいかもしれない。なにせ、86系やPowerPC系の頃からWindowsをエミュレートしてくれていたわけだから。

確かに今はデスクトップを表示しないで使うソフトが出てきている。
ひとつは「VMware Fusion」。これはかなり使えそうな感じ。
もう一つが、先発の「Parallels Desktop 3.0 for Mac」というわけだけど、どうでしょう。

この2つはいずれも「コヒーレンスモード」というのが使えて、MacとWindowsがシームレスに使える。
Fusionの方が後発らしいけどさて、どちらを使うのがいいんでしょうね。

いえね、物欲大魔王がこの世の物とは思えない声と臭い息を耳元に吹きかけてくるわけよ。
「そろそろ買い時だべ?いんじゃね?」とね。負けまい負けまいと気をつけてはいるんだけどね。

|

« エアーミュージシャン | トップページ | 心肺蘇生法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

某菊地歯科で使用しているソフトウェアは、「Parallels Desktop for Mac」であります。

歯科用のdatabaseがどうしてもMacOSでないと動かないとのことで、Macを入れたとのことであります。
たぶん4th Dimensionで作り出されているのではないかと思うんですがこのあたりは定かではないですねぇ。

インテルMac用の仮想マシンソフトとしては、
1)「Parallels Desktop」
2)「VMware」
3)「VirtualBox for Mac」
この3つが現在あるんだけれど、

3はまだ実用速度には至っていないようで、
2と3は、pingが通らないという話で、
かっての「Virtual PCとかわんねぇぢゃん。」という感じでありますね。

ネットワークプリンタやMS-Officeをそのまま使いたいという場合にはこれら、特にParallels Desktopが有用でありますねぇ。
そ〜いえばParallels DesktopはDirect Xつかえるようになったんだろうか?

投稿: ときかわ | 2007年10月 2日 05時43分

おぉ、さすがこういう話はよくご存知ですね。
ParallelsのDirect Xの話はどこかに書いてありましたね。

まぁ、Virtual PCの頃もそうでしたけど、どうしても必要な場合だけ、Windowsソフトを起動する事ができれば、あとはMacでというのもアリだと思います。

リブートが必要なBoot Campでは、やはり「もう一台持っていた方がまし」かもしれませんね。
また、Boot CampやVirtual PCでは、別途Windowsを買わなければなりませんでしたが、その辺の違いもどうなっているんでしょうかね。

投稿: 猫丸 | 2007年10月 2日 15時06分

Direct Xもver.3.0からは対応しているようですよ。
僕もゲームの関係でintel Mac(まだ持っていませんが…)でwinを走らす情報を気にしていましたが、仮想ソフトでもバリバリの3Dゲームをやらないならば、そこそこ使えるみたいですね。
http://ascii.jp/elem/000/000/041/41907/index-2.html

猫丸さんの言う通り、メインMac+ちょっとWin的な使い方では、十分な性能みたいですね。
Virtual PCをMSがかこって、Macでの仮想ソフトの芽を潰そうとしたけど、ここに来て競合ソフトも増えて活気が出てきましたね。

Leopardで僕のメイン機iBook G4 800Hzがサポート外になってしまったし、そろそろintel Macを調達しないと、この話もステージにも登れないのにね〜(^^;

投稿: みっちゃん | 2007年10月 3日 03時41分

MS-OfficeはWindows版のほうが、改良頻度が高く、またmac版に比べて動作が速いのが事実でありまして、Windows版のMS-Officeを入れておく事が出来るわけですね。あとはネットワークプリンタ(UNIX Toolいれれば動くんだけど)そのまま使えるというのが魅力でありますね。

ただネックはWindowsXPとMS-Officeを別に買わないといけないのよね。

投稿: ときかわ | 2007年10月 3日 06時28分

あ〜〜もうひとつ。
メモリーは最大にというのが鉄則であります。

まぁ〜Macはメモリー最大は大前提でありますが。

投稿: ときかわ | 2007年10月 3日 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/16633715

この記事へのトラックバック一覧です: Mac用Windowsソフト:

« エアーミュージシャン | トップページ | 心肺蘇生法 »