« うんぱかマーチ? | トップページ | 台風の爪痕 »

串特急三島駅前店改装中

串特急三島駅前店改装中特別うまいわけでも、思い入れがあるわけでもなんでもない店なので、特にだから何かしようかとか、そういうわけじゃないんですけどね。

ご覧の通り今月26日にリフレッシュオープンだそうです。

確かにその日の猫丸の予定は今のところ空いてはいますが、今月は予想外の出費や度重なる宴会でかなりピンチなので、とりあえず、ご案内に留めておきます。

この店の場所、古い方には水だしコーヒーの「阿蘭陀館」があった場所ですと言えば分かるでしょうか。
今まではトイレやカウンターの場所などが当時のままだったのですが、どうなることでしょう。

|

« うんぱかマーチ? | トップページ | 台風の爪痕 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

そうなんだよねぇ、このお店は「阿蘭陀館」三島店だったんだよ。
阿蘭陀館という名前のお店は沼津の沼津港入り口と三島の駅前にあって、前者が本店ね。
三島店、つまりこの現串特急の入っているビルが出来たのが1979年のことなんだな。

沼津店は東海大生御用達で、三島店は日大生御用達だったのね。

この阿蘭陀館三島店がオープンした頃というのは、喫茶店というものが最も繁盛した時代で、いわゆる大艦巨砲主義ともいうべきいまでは考えられないような費用を費やして喫茶店をつくっていた時代なのね。
同じ時代、今は蛇ケ橋のジャガーショールームになっている場所。もう名前も忘れてしまったけれど、あそこも喫茶店だった。建物総工費3億円。
黄瀬川のユニクロの近くにある「花まさ館」ここも総工費1億円の喫茶店だった。
そして阿蘭陀館三島店、内装費用だけで2千万だったのね。

阿蘭陀館三島店は、初代、二代目、三代目とオーナーが3人いたんだけど、三代目は、初代・二代目と続いていた「味」を変えてしまった。そのため身売りを余儀なくされて、結果として串特急になっていったのね。

不動産の「クリオネ」が入っているビルの一番上には、未だに「阿蘭陀館」と書かれた看板があるのよね。

投稿: ときかわ | 2007年9月 5日 21時54分

いやぁ〜いきなり間違えた。
2千万だったのは、店内の壁面タイルの壁画だぁね。
長いカウンターの後ろの3席のテーブル席の側面に合った壁面タイル、これが2千万だったねぇ。
あれも壊されちゃったんだろうな。

投稿: ときかわ | 2007年9月 5日 21時59分

食いついてくれると思いましたよー。
建物そのものがお店とマッチしてましたよね。

投稿: 猫丸 | 2007年9月 5日 22時01分

阿蘭陀館といえば、
ドリアが大好きで(笑)
水出しコーヒーってより
「ドリア」がメインで行ってました(かなり昔)
そんな食い物が世の中にあると教えてくれたのも
阿蘭陀館でした
(田舎者丸出し)

投稿: あねご | 2007年9月 6日 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/16351501

この記事へのトラックバック一覧です: 串特急三島駅前店改装中:

« うんぱかマーチ? | トップページ | 台風の爪痕 »