« つくね小やオフ | トップページ | 今日のランチ(築地まぐろ鉄火丼) »

長泉原分古墳(山神社)

長泉原分古墳(山神社)数年前から気になって仕方がなかった古墳に行ってきました。

山の神様が移設されたのが平成15年とあるから、今のこの姿になったのがその頃だと思われるので、ここ4年間に東海道新幹線で三島・新富士間を乗車し、富士山が見える側に座ったことがあれば、目にしたことがあるかもしれない。

三島駅からすぐの線路沿いなので、富士山なんか見ていたら視線が高すぎるかも知れないけど。

とにかく、気になっていたので、確認をしに行ってきました。

移設前はもう少し北東側にあったのですが、計画道路に引っ掛かったので今の位置になると同時に上に乗っていた山の神様を降ろして、横に鎮座させたそうです。

観光名所にはなりにくい場所ですが、なかなかの大きさですよ。
道路ができると、下土狩の大銀杏並に道路わきの名所となるのかもしれません。

|

« つくね小やオフ | トップページ | 今日のランチ(築地まぐろ鉄火丼) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

町民ながら、「原分」(←地区名にもなっている)かなり長い間「はらわけ」だと思っていたのですが、「はらぶん」と読むのですね(^^;。。。最近知りました。
きれいに整備されてからは行ったことがありません。近所なのに。
私も13年前まだ長女がお腹の中にいた夏、新幹線が三島駅に着く直前見える"盛り土の山"(むかしはほんとそうだった)が気になって探検したことがありました。ここ、ほんとたどり着けそうで着けないの~(笑)
また行ってみますね。

投稿: 果実 | 2007年4月24日 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/14830230

この記事へのトラックバック一覧です: 長泉原分古墳(山神社):

« つくね小やオフ | トップページ | 今日のランチ(築地まぐろ鉄火丼) »