« こ、これなんやった?(泉町) | トップページ | 旅行いくときのテンション »

復刻ラガー飲み比べ

Kirin残念ながら、現行の平成ラガーと、昭和ラガーであるクラシックは飲み比べませんでしたが(四本をひとりで一気にはさすがに)、キリンビール創立100周年を記念した大正時代のラガーと明治時代のラガーを飲み比べました。

正直なところ、この二本だと、飲みやすいのは大正ラガー。
明治は麦の香りと味が立ちすぎている割に全体としては濃厚さに欠け、あっさりとした印象。

とかなんとか書きながら原材料を見ると明治は当然のように麦芽とホップ。大正にはなぜか「米」が。
大正時代からビールの製法を違えてたのね?
麦芽とホップと水だけを使ったものをビールと呼び、他のものと区別すべきだったのに、ここで間違えたからそのままになっちゃったんじゃないの?

でもまぁ、米を使ったジャパニーズビールの方が旨く感じたのは否めないわけで、明治から大正にかけて、キリンビールの職人が頑張っていたことに敬意をはらいつつ、ごちそうさまでした。

|

« こ、これなんやった?(泉町) | トップページ | 旅行いくときのテンション »

Drink it !!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/13964912

この記事へのトラックバック一覧です: 復刻ラガー飲み比べ:

« こ、これなんやった?(泉町) | トップページ | 旅行いくときのテンション »