« ワンセカンド | トップページ | 青春18きっぷ »

青少年に見てもらいたい番組(2006年春)

某テレビ神奈川でやってる「イグザンプラーテレビ」が、改変期ネタだ。

いつの間にかテレビ業界の改変時期が常識のように語られるようになって、年に4回、テレビドラマは最大13回(基本は11回くらいかな?)のサイクルで切り替えられているし、子供向け番組も、1年ごとに切り替えられる。

んで、番組中でネタ振りしていた「青少年に見てもらいたい番組(2006年春)」をチェックした。

テレビ神奈川バラエティ番組の中で、芸人系の番組が入っているのは確かに「パペットマペットのサイエンスでしょ!?」だけど、どう考えてもイグザンプラーが子供に見せたい番組になるわけがない。確かに猫丸は相内優香ファンだから、残念だったんだけどさ。

それにしても、青少年に見てもらいたいとは、ずいぶんと横柄なテーマだよね。みたいもの見るって、おばかな番組たくさん見たいのが青少年だからさ。

民放連の調査だから当然NHKは入っていないけど、民放だって視聴率のためだけにお下劣番組作りすぎてるけど、NHKのように最低限のコードを作っておばかでもためになるとか、子供に見せたいおばか番組とか、ちゃんと作った方がいいよって事だよね。

各地方では、それぞれに特徴のある番組を作っていて、それはそれで、見たい番組もある。
それにしても静岡の4局はどうだろう。ネット番組がほとんどで、テレビ寺子屋とサッカー番組が一つ。
なんか今ひとつ寂しくないか?静岡県民は、県民独自の文化など無いということだろうか?

|

« ワンセカンド | トップページ | 青春18きっぷ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

誰が見てもらいたいんだって話だよね。
放送局が見てもらいたいなら、そういう番組作れって事だし。

投稿: 猫丸 | 2006年9月10日 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/13964848

この記事へのトラックバック一覧です: 青少年に見てもらいたい番組(2006年春):

« ワンセカンド | トップページ | 青春18きっぷ »