« 生命の息吹 | トップページ | 見ざる言わざる着飾る »

揖保乃糸にもやはりランクが!

スコッチウィスキーなどには、その仕込みから熟成年、そしてブレンドなどでランク付けされ、同じ「ボウモア」でも、様々な商品がラインナップされている。

スコッチだけではなく、車だって装備や基本性能でランク付けされているし、多くの商品が、その内容で、ランク付けされている。

そんなわけだから、ある、あるとは思っていても、実際にどんな風にランク付けされているのか知らなかったのが、このそうめんである。

そうめんといえば「揖保乃糸」なのは大学時代に培った常識である。兵庫県たつの市の手延素麺協同組合の共通登録商標だが、たぶん大阪あたりの商社もこの商標を使っている。

それにしても、一番下のランク(とはいっても市場の80%はこれだそうだが)の赤帯が「上級品」とはずるい。
その下には、ある意味、切りくずの「ばち」しか残ってないじゃないか。
しかも、最高峰の「三神」や「特級」こそ帯にそう書かれているが、その前の縒つむぎ、上撰は、帯の色だけの違いしかない。

案の定、猫丸家にあった揖保乃糸は赤帯であったが、頂き物なだけにありがたく頂いている。
一生のうちに「三神」に巡り会える日は来るのだろうか。巡り会ったその日には、したり顔であごでもさすりながら「ほほぉ、三神ですか」と言ってみたい。

|

« 生命の息吹 | トップページ | 見ざる言わざる着飾る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/13964839

この記事へのトラックバック一覧です: 揖保乃糸にもやはりランクが!:

« 生命の息吹 | トップページ | 見ざる言わざる着飾る »