« マイホームのキリ番報告 | トップページ | 青島三ケ日みかんジュース »

サントリー〈工場へ行こう〉キャンペーン

「サントリー〈工場へ行こう〉プレゼントキャンペーン第1弾修了証」を頂いた

まぁね、サントリーのビールは嫌いじゃないし、ジョッキ生も頑張って開発してる。全体として悪くはないんだけど、ことウィスキーだけのことになると、多少口ごもる。

ウィスキーを愛している人達にはサントリーウィスキーについてあまりいい言い方をしない。

曰く「ニッカの酒造りの方が好感が持てる」「所詮サントリーも竹鶴が礎を作った」「サントリーの商売上手が日本のウィスキーをダメにした」とか。
でも、高校生の頃(おいおい)、大学生の頃(うーん)、手軽に洋酒を教えてくれたのは、やはりサントリーだったよね。

商売かも知れないけど、そういう間口の広さって大事だと思うんだ。

現在の猫丸が「ウィスキーといえばラフロイグかなー、ラガヴーリンだれか奢ってくれないかなー」とか言っちゃうのも最初にサントリー白札(もちろん、猫丸の時代はホワイト)ありきだし、ペンギンのビールや(うわっ80年代やっ!)タコが言う樹氷とか(さ、さらに)全部サントリーのおかげで、決してニッカの事なんて教わらなかった。

せいぜいスーパーニッカのCMにポール・アンカが出ていたのを覚えているくらいで「Everything is super !」とか、わけのわかんないやつ(あわわ、70年代になっちまった)。猫丸世代は、ポールアンカじゃ酒は飲めない。

猫丸が今や林檎遣いだが、その昔国民機「きゅーはち」や、MS-DOS2.11あたりから「電算機ってすばらしい!」って言っていたのによく似ている。イントロダクションとして存在価値を認め、尊敬してもいい。

長くなったけど、結局このキャンペーン、最後にウィスキーかビール、どっちが当たる方がいい?という選択になっていて、迷わずビールを選ぶ猫丸である。

広告にはだまされるタイプだ、という設問にも、もちろん「○」である。(ねーよ、そんな質問)

|

« マイホームのキリ番報告 | トップページ | 青島三ケ日みかんジュース »

Drink it !!」カテゴリの記事

コメント

白札は竹鶴政孝が作ってますよね?
その売れなかった白札サントリーを12年寝かせたのが、角瓶だとか?
角瓶はサントリー起死回生のヒット商品になったし、同じ年にニッカウヰスキーも発売されてるんですよね。
サントリーと言えばホワイトってのは、伝説かも知れないけど、こうやってみるとそうかなって気がしますね。恐るべしイアン・フレミング。

今回のこのエントリーとコメントのために、改めてニッカとサントリーのサイトを見ていたんだけど、ニッカのサイトにはもちろんサントリーのことが書かれて居るんだけど、サントリーのサイトには、竹鶴のたの字も出てこない。

隠そうとしてるんじゃないだろうけど、10年間も会社の金を使って実験しまくっていた竹鶴のことをもしかしたらよく思っていない体質でも残ってるんじゃないかと疑いたくなる。ホント、そういう意味でも壽屋さん、よく我慢したよ。

投稿: 猫丸 | 2006年4月19日 23時07分

たしか竹鶴政孝は、サントリーの山崎醸造所の設計者で、初代所長だったか工場長だったように記憶しているけど・・・・

投稿: ときかわ | 2006年4月20日 07時42分

ですね。山崎蒸溜所を作った頃は、多分竹鶴さんもスコットランド帰りの半人前だったんじゃないですかね?

だから寿屋の先見の明と言うか商人の鼻というか、すばらしかったんじゃないかと。それにしても、鳥井さんが日本のウィスキー界のビルゲイツなのかスティーブジョブスなのか、評価が分かれそうですよね。

投稿: 猫丸 | 2006年4月20日 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/13964759

この記事へのトラックバック一覧です: サントリー〈工場へ行こう〉キャンペーン:

« マイホームのキリ番報告 | トップページ | 青島三ケ日みかんジュース »