« 地口行灯の季節2006冬 | トップページ | あー、あれあれ。なんやった? »

叱っても褒めてもね

しかりの受け止めに差 大人の考え、子に伝わらず

この記事のもう少し詳しい記事が地元の静岡新聞2月15日朝刊にも掲載されていたんだけど、褒めてあげたつもりでもやはり伝わらないみたいですね。

自分の子どもは叱りつけるときはこれでもかって勢いだから伝わるけど、褒める時ってのは、「わざとらしくならないか」「こびを売ってるみたいじゃないか」みたいに、少し控えめに褒めちゃうような気もするんだよね。

それじゃ、叱る方だけ伝わっちゃうなぁ、とすごく反省したんですね。

自分の子どもでもそうなんだから、近所の子ども達なんて、よほど気をつけないと「何いってんの?」「気持ち悪い」「変なおじさん」になりますよね、そりゃ。

子どもに好かれたいというわけでもないけど、コンビニの裏にたむろしてる奴らに「ケツが冷えるから、座布団もってこい」くらいに言えるようにはなりたいもんな。

|

« 地口行灯の季節2006冬 | トップページ | あー、あれあれ。なんやった? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うーん、難しいなぁ。
確かに相手の性格を考えてどっちが
有効なのか考えてから褒める、
叱るをしないとね。
うちなんて、有無を言わさず
線香でジュー、暗い自転車置き場に閉じ込め、
必死に走って帰ってきても時間過ぎたら
ピンポン鳴らしまくっても無視・・。
オヤジは、にぃちゃんにケリ入れてたなぁ・・。
で、子供は立派に育ってるのかはギモンです(苦笑)

投稿: 大阪商人 | 2006年2月16日 00時35分

僕の小さい頃は、近所付き合いもまだあった頃で、悪い事してるときは、
近所の人も遠慮なく叱って来ました。(くれました)
なので、僕も極力、マナーの悪い子供には、自分の子供のように叱るように
しているのですが、中途半端な若い輩は、「うぜえ〜」って感じだよね。
最近の日本人、頭悪すぎ!

投稿: ぜんきゅう | 2006年2月17日 23時10分

ちょっと真面目な話になっちゃうけど
今日行った某食べ物やにこんな張り紙があった。
「子供は汚しやです。でも片付けは私たち(従業員)がしますので、汚したことは気にせず、お母様はぜひゆっくり召し上がってください。」
わたしの感覚的には魔邪の「はぁ〜!!??」みたいな。
確かに子連れでゆっくり食べられればそれに超した事はないかもしれないけど、食べ物やでのマナーとかそういった物は一体どうなる!
うちは子供が小さいときは、在る程度気兼ねのない、ファミレスしか連れて行けなかったし、そういった座敷系の食べ物やに連れて行くときは、それこそ、自分が食べるのは一番後の残り物だったよ。
子供は叱らなくていい、しつけなくていい、といった風潮のように思えて、ちょっと哀しくなりました。
あねご的には当たり前の事なんだけど、世間に一般的には変なのかなぁ。。。。タメイキ

投稿: あねご | 2006年2月18日 23時17分

よく、ルール作りをするときに、一番下のレベルに合わせてルール作りをすると、なんだか妙なルールができあがってしまいますよね。
本来どうあるべきかなんてことを置き去りにしたルールですよね。

そんなルールでも「当然よねぇ」と子どもを放置していることに罪悪感がない親御さんも当たり前のように多くなってるんでしょうね。

投稿: 猫丸 | 2006年2月19日 09時19分

 先日、オヤジの眼科に付き合った時に、
後ろの席で待つのに飽きた子供が
うちらのイスの背中をドンドンさせていた。
周りに聞こえるようにオヤジに
「で、このクソガキはどついてええんか?」と
言ったらオヤジは苦笑い・・。
一応、子供は大人しくなったが。

 一番むかつく怒り方が「ほら、あのおじさん
(おばさん)に怒られるから静かにしなさい!」
これはしつけやないやろ・・。

投稿: 大阪商人 | 2006年2月19日 21時37分

そうそう。しらんもんが叱るのは、親が叱らないからじゃなくて、親が居ないときだからだ。
親が居るのに叱らないのは、子どもに対してと言うより、親に対して怒りを覚えるね。それを勘違いして、「いい大人が子どものすることに大人げない」とかいうバカ親が居るから腹が立つんだよね。

投稿: 猫丸 | 2006年2月19日 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/13964725

この記事へのトラックバック一覧です: 叱っても褒めてもね:

« 地口行灯の季節2006冬 | トップページ | あー、あれあれ。なんやった? »