« 長期熟成泡盛うみそら | トップページ | とれたてホップ一番搾り »

キャンプとは疑似原始生活

「キャンプ行くと食事の支度ばっかりなような気がして」

然りである。
「食事の支度が楽しくて行くんじゃないの?」
と、答えながら、キャンプには行かない猫丸は妄想の世界へ。

キャンプに行かない理由は、食事の支度も片づけもわざわざ不便なところでやることはないわけだし、寝るのだって、自分のベッドと枕じゃないところで寝るのは辛い。虫も嫌いだからキャンプに行くことはない。

翻って、原始生活というのは、きっと朝起きたらあまり走り回らなくてもとれそうな獲物を捕って(たとえば罠にかかった物とか)食う。

食ったら、あまり暑くならないうちに今日の仕事をこなしてしまおう。獲物を探し回って、疲れるまで狩りをしてその日の糧を得たら、最後に罠を仕掛けて寝る。

これが原始な生活だよな。キャンプ行くなら、こういう生活をしてもらいたいもんだ。
なんかでも、何となくしてみたいよね。電話もテレビもパソコンも、何にもない状態で、とにかくその日生きるためだけに、食事を用意し続ける一日。釣りも、そういう考え方ならしてみたいけど、結局台所周りを掃除しなくちゃいけないと思うと、やっぱりキャンプはしたくない。

|

« 長期熟成泡盛うみそら | トップページ | とれたてホップ一番搾り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わたしにとってのキャンプと言えば、今じゃ到底出来ませんが、勤務先の町内の子供会や子供会育成者会の夏のキャンプのお手伝いですね。
学校でたての頃で、夏の土曜の夜は「カレーライス」ばかりで、身体が黄色くなりそうでした(汗)
キャンプファイヤーの火守りとか、進行とかしてました…って事で料理係りは避けていました(汗)

投稿: あきは | 2004年11月 9日 15時33分

源蔵さん、すばらしい。
料理は段取り八分で、猫丸は実は極端に苦手。
自分のためにやるなら、多少段取りが悪くてもいいけど、キャンプとなると緊張しますね。
しかも、さらに苦手な後かたづけが待ってるし。ふうぅ。

投稿: 猫丸 | 2004年11月10日 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/13964372

この記事へのトラックバック一覧です: キャンプとは疑似原始生活:

« 長期熟成泡盛うみそら | トップページ | とれたてホップ一番搾り »