« PSP発売日決定 | トップページ | 新券発行。ミーハーな人、手をあげて »

無くなって欲しい商店

さすがにあったまきた!
所用で辞令などで使う用紙を探しに三島大通り商店街に行ったんだけど、気が付くと文房具屋が一軒しかない。

前川商店に行ったんだけど、元々このお店、あまりいい印象はない。
でも、卸団地のINKまで行くほどのことではないし、ここでいいか、と。

しかし、行ってみたらまず明かりが消えている。店は開いているのに、なぜ?
「あのー、やってます?」
と声をかけると、ばあちゃんが出てきて灯りをつける。
しかし要り用なタイプの紙のニーズを伝えても
「これですか?」
「いや、そんな賞状みたいなのじゃなくてもう少し地味な」
「ないです」
「あ、これ、このサンプルみたいな感じのありますか?」
「ありません」
「はいはいわかりました、もうけっこうですっ」
正直頭に来た。猫丸が頭に来やすいんじゃないかと思うくらい切れた。

頭から湯気が出るくらいに切れたので、他の用を忘れたくらい。商売する気無いのに、商店街で一軒だけの文房具店だからって、努力せずにそこに存在することって許されるわけ?
なんか、そういうことまで考えて、心底頭に来た。

途中で他の用事を思い出して、中央町の「ヨシカワ」にゴムひもを求めに行った。
「あのー。黒いゴムひもありますか?」
「えーと、細いの、太いの?」
「太いのだけど、ああ、そんなリボンじゃなくて、丸紐」
「そんなに太いのはないわね、エンチョーとかの方があるかしら?」
「あ、そうなんですか?」
「うちは洋服用ばかりだから、ごめんなさいね」
この店、末永く頑張って欲しい。同じ求める物が無くても、この印象の違いはどうだ。
商品や、お客様のことを考えれば、こういう風にしかならないと思う。
自分のこと中心で「売ってやってる」「おいてやってる」と思っている商店、まだまだ三島には多くあるような気がする。

つか、全国にそういう店有るんだろうけどね。あーすっきりした。

|

« PSP発売日決定 | トップページ | 新券発行。ミーハーな人、手をあげて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/13964367

この記事へのトラックバック一覧です: 無くなって欲しい商店:

« PSP発売日決定 | トップページ | 新券発行。ミーハーな人、手をあげて »