« ぺちゃんこスタンレー | トップページ | バナナのシールは一番おいしいバナナに »

小島奈津子かむ

「カリスマパティシエの和風スイーツへの挑戦」
って、思いっきりかんでた。

で、思い出したんだけど、深夜に西友をぶらぶらしてて「うぬっ、ワゴンセールがスイーツになってる」と言ったら、同行の家の者に「デザートって言葉はどこへ行った?」と言われた。

「デザートはさ、食後に食べないとデザートじゃないわけで」
と、車(パッソ)にお菓子を積み込む吹石一恵(実はちょっとマイブーム)のような言い訳をかます猫丸。
ディナーコースでも食べないと出てこないデザートより、いつでもどこでも食べられる「スイーツ」という言葉の甘美なこと。

しかし、本当にいつからこんなに一般化したんだろう。
というか、一般化しているのか?

猫丸の頭の中では、「チャイニーズスイーツ」という言葉あたりから、スイーツという言葉が定着してきている。つまり、「飲茶」思想で、甘いものを食べることそのものを目的にしているところが新しかった。

月餅、決してデザートではなく、横浜中華街でごま団子をたいらげた後、買い食いするものである。
あうあう、中華街で買い食い遊びしたい。

|

« ぺちゃんこスタンレー | トップページ | バナナのシールは一番おいしいバナナに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/13964338

この記事へのトラックバック一覧です: 小島奈津子かむ:

« ぺちゃんこスタンレー | トップページ | バナナのシールは一番おいしいバナナに »