« ニコチネル奮戦記(チャレンジ編) | トップページ | フォー(ベトナム) »

ニコチネル奮戦記(長き道程編)

無事に2ヶ月、正確には7週間くらいだけど、ニコチネルと共に生き、あれほど生涯添い遂げると誓ったたばこと袂を分かった。

では、たばこを吸いたくないか、嫌いになったか。非喫煙者が副流煙を嫌ったり、禁煙者が「俺の近くでたばこを吸うな」というような悪あがきをするかというと、これはそうでもない。

喫煙者は、たばこがどれだけ体によくないか、勉強しておくことをおすすめする。
知ってたからって、たばこやめる必要はないんだから。喫煙者がたばこの害について、目をそらしてはいけない。たばこが、吸っている本人にではなく周辺にも害が及ぶものである以上、本人が勉強不足ではいけない。
20歳を過ぎれば自動的にたばこが吸えるようになるけど、基本講習を受けて、許可証をもらった人だけにしてもいいくらい。
まぁ、勉強しておけば、多少吸いたくなっても、吸わないで居られる。子供じゃないんだから、体に悪いことくらい、わかる。

たばこをやめてみて、健康になったかというと疑問も残る。長期的に見れば、健康的に決まってるんだけど、まずは、異常に眠くなった。眠気は主観的なものだからわかりにくいけど、むやみ眠い。たばこを眠気覚ましに使えない、気分転換をどうしていいかわからないというのが本音。

あと、よく「食べ物がおいしいでしょう?」といわれるが、猫丸は元来何を食ってもうまいし、うまいものが好きだったから、大差ない。今でもうまいものはうまいが、腹一杯以上食べられるわけがなく、結果として、食べる量は変わっていない。・・・なんだかとても惨めな気分だ。デブは悲しい。

禁煙そのものが「つらいこと」「いやなこと」だと思うなら、禁煙しなきゃいい。たばこを吸わないでいらいらしたり、眠れないほどつらいなら、吸った方がなんぼかまし(という考え方もわかる)。ニコチネルを利用すると中毒症状そのものは緩和されるから、癖だけを矯正するだけ。

ここでたばこをやめてもやめなくても人生にたいした影響は出ないのかもしれないけど、とりあえずたばこをやめることができてハッピー。グッドなことだから、続くといいなと思ってます。んでは。

|

« ニコチネル奮戦記(チャレンジ編) | トップページ | フォー(ベトナム) »

運動と健康と喫煙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/13964314

この記事へのトラックバック一覧です: ニコチネル奮戦記(長き道程編):

« ニコチネル奮戦記(チャレンジ編) | トップページ | フォー(ベトナム) »