« 虎だ。虎になるのだ。 | トップページ | iMac到着 »

炸裂!ファミリーヘヤーカットだれでも1,000円

近所に、「ファミリーヘヤーカットだれでも1,000円」という手書きの看板を出した美容院・・・・美容院だよな。が出来ていた。

一度坊主にしてしまうと「ま、いやなら坊主にしちゃえばいいわけだから」とチャレンジャーな気持ちにもなるし、逆にいやな髪型という概念もあまり無くなる。

とにかく話の種に行ってみようと、坊主頭3ヶ月をひっさげて行った。

それがあんた、話の種どころか、むちゃくちゃ楽しい話の種。
でも、たぶん二度といかねぇぞ。

53才寅年の自称おばちゃんは猫丸が顔を出した時、確かに疲れ果てたような顔をしていた。
ぜんぜん流行っても居なさそうなこの店で疲れ果てている自体、疑ってかかるべきだったわけだ。

ね「1,000円は安いねぇ、フリマとかで商売しても良いんじゃないの?」
お「フリマ?あぁ、でも、保健所の許可がおりないんですよね」
ね「そうなのかぁ・・・・・」
お「・・・・・・・・・」
ね「・・・・・・・・・」
お「お客さん、最近何か困ったことあります?」
ね「いやぁ、ないよ、順風満帆だから」
お「あたしね、ここ3年くらい、ストーカーに困り果ててるんです」

だいたい客に話しする事じゃないけど、この店の大スペクタクルはこんな風に幕を開けたわけだ。
そこから先は普通の人なら「しまったぁ、寝たふりしちゃえっ」くらいに恐ろしい展開。ずるいよね、ハサミ入れてからそんな話しはじめるなんて。はじめる前なら、急用思い出したり出来るのに。

お「とにかく家の近くの駐車場に潜んでるんです、夜中じゅう」
ね「そ、そうなのか、みえるの?」
お「見えるんじゃないんです、わかるんです」

このあたりで、高圧線の直下に居るかのような重苦しい何らかの力を感じ始めてはいた。正直な感想から言えば「これは、何か違うぞ」だ。

ね「その駐車場を契約してる誰か近所の人とか?」
お「だめなんです、近所の人たち、口裏あわせていますから」
ね「いや、なんのために。」

既に彼女は聞く耳は持っていなかった。案の定だ。近所の人たちはお金をもらっているわけでもなく、犯人のストーカーが身内にいるわけでもなく、脅されているわけでもないのに、一様に「そんなひと居ません」と口裏を合わせるのだ。こわいっ。

お「前の仕事場で一緒だった30才の男なんです。」
ね「相手がわかってるなら、警察でも弁護士でも頼めばいいじゃん」
お「相手してくれないんですっ。信じてもらえないんですっ」

そ、そりゃそうだよなぁ。やってないんだろうな。彼女はきっとその男のこと、好きなんだろうけどなぁ。
いや、そういう認識は、差別かも知れない。本当にいやなのかも知れない。というか、いやなんだろう。
これは何とか、解決策を見つけなければ。(なぜここで燃える?)

ね「先ずはストーカー被害のメモを取った方が良いと思うよ。例えば何時頃何があったとか」
お「3時頃一度帰るようなそぶりを見せるんです。空き缶捨てたり」
ね「ふむふむ、それは聞こえるんだね」
お「はい。それでも私安心しませんから、そぶりだけですから」
ね「なるほどね、安心させるための演技なわけだ、それで?」
お「10分くらい静かになって、それから『なかなか頭が良いな』って言うんです。」
ね「言う?聞こえるの?そんなに近いところにいるの?」
お「いえ、聞こえるんです。」
ね「も、もしかしたら、頭の中に響いてくるの?」
お「聞こえるんですってば」
ね「テレパシー・・・・ですね。人の考えてることが伝わってくる」
お「あぁ、それですね。それから4時頃『やっぱり好きだよ』って言うんです」

そーだ、テレパシーに違いない。このおばちゃんはテレパスなんだ。猫丸は少年エスエフ全集を読んでいるから知ってるぞ、世の中にはそういう超能力者が居るんだ。
おばちゃんによるとテレパシーは距離には影響されないらしい。以前、ロスにいる友人からもテレパシーを感じたことがあるそうだから。

お「医者でそういう能力を抑える薬をもらったことがあるんですよ」

いや、わかってたのか?そういう医者にかかった方が良いって事。なら、はじめからそうしていれば。

お「でもなんか、すごい副作用がある薬だったらしくて、飲むのやめたんです」

残念っ!そのまま症状が緩和されたかも知れないのに、なぜやめたんだっ。そこでやめてなければ、猫丸がこんな話聞く必要もなかったかも知れないのに。

ね「医者は症状を見て薬を出してるわけで、副作用もあるかも知れないけど、
  症状を抑えることの方が大事だから出してるんだよ。素人の忠告で薬やめたりしちゃダメだよ」
お「はぁ、そうですねぇ。お客さん、お医者様ですか?」

ちげーよ。ぜんっぜんちげーけど、わかるよそのくらいっ。薬のめっ。とりあえず薬飲んで、テレパシーを聞こえなくして安心してねろっ。

挙げ句の果てに後ろの刈り上げを虎刈りにされて、1,000円払って帰ってきた。
あのなぁ、カウンセリング料欲しいくらいだ。って、他の客にも話してるんだろうからな。あの調子じゃ。
他の客もそう思っただろうな。つか、この調子なら、近々みんながこの話を知ることになって、客が来なくなる。

・・・きっとストーカーに営業妨害されたことになるんだろうな。猫丸、その時の犯人にされなきゃ良いな。

お「42才の男なんです。このみせつぶそうとして。私のこと好きなんです」

いやだぁ、そんな風にストーカー扱いされたくないっ。つぶれないでいてくれっ(^^;)。

|

« 虎だ。虎になるのだ。 | トップページ | iMac到着 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/13964262

この記事へのトラックバック一覧です: 炸裂!ファミリーヘヤーカットだれでも1,000円:

« 虎だ。虎になるのだ。 | トップページ | iMac到着 »