« 2003年1月17日ぽかぽか陽気 | トップページ | 2003年2月24日雨(久しぶりに歩いた) »

2003年1月21日はれ

今日は白い車について考える。

今日、車に乗っていてふと対向車線を見たら、視界に入る全ての車が真っ白。日本には白い車が多い。

しかしながら、国産第1号の自動車は「ロイヤル」、明治40年、皇族のために作られたものであるから、もちろん白ではなかっただろう。
そこまで遡らなくても、トヨタの量産型第1号自動車であるAA型はたぶん黒かったけど、トヨペットあたりからは白くなってきていたような気がする。

もちろん、その時代を知るわけもないが、1960年代あたりから、徐々に白い車が増えていったような気がする。

しかし、目の前に白い車ばかり並んだ風景に、「白って、もしかしたら、色を塗っていない車なんじゃないか?」と思った。
だって、おかしいじゃないか、どんな色の塗料にも、必ずと言っていい程白は使われるはずの塗料だ。

基本色のみで、他の塗料を混ぜないで塗れば、白い車になるわけだ。コストダウンする際に、他の何よりも、外見を切り捨てたのが日本の車消費者だったのだろうか。

白くて素敵な車はいっぱいあるけど、白ければ素敵なわけではない。
色白美人もおおいけど、色白なら全て美人というわけではないし、美人は色白でなければならないと言うわけでもない。

なのに、様々な車種で、なぜこれほどに白い車が多いのか、今ひとつ理解に苦しんだ。
「汚れが目立たない」というのは、要は多少不細工でも、七難隠すということか?生まれついてのものは仕方ないし、自分で選ぶことが出来ない容姿は、確かにそういう部分もないではないが、車は選べるだろ?
七つも嫌いなところがある車、買うなよ。

で、「色が塗ってない」という発想になって、もしかしたら、メーカー側は、色を塗っていない車が一番コストが低く抑えられるんじゃないか?
バレンタインが近くなると、チョコレートが流行し、クリスマスが近くなると苺が高騰するのと同じように、メーカーや市場に操られて、白い車を選ぶ人が多くなるように仕向けられて居るんじゃないか?

白い車を買う人に再び問いたい。なんで白なんだよ、もうすこし違う色好きじゃないのか?好きな色何?って聞かれて「白」と答える人は、そんなに多いのか?

白い車に乗ってる人、好きな色は何色ですか?

|

« 2003年1月17日ぽかぽか陽気 | トップページ | 2003年2月24日雨(久しぶりに歩いた) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/13964051

この記事へのトラックバック一覧です: 2003年1月21日はれ:

« 2003年1月17日ぽかぽか陽気 | トップページ | 2003年2月24日雨(久しぶりに歩いた) »