« 2002年10月 | トップページ | 2003年1月 »

2002年11月22日雨降るって言ってたのに

差別について考えた。

自前のBBSでも、他のどこでもやりたくないネタだもんな。
元々猫丸は、差別がある人としてカミングアウトしているのだが、その分、人を虐げる言動については、考えることも多い。

昨日、仕事帰りに薄暗くなった三島駅前。愛染の滝の東側交差点で、赤信号を待っていた。
右手から横断歩道を渡ってくる車いすがあった。最大地上高が低い車いすは、薄暮にはすでに危険なような気がした。
みると、時々(もしかすると毎日)三島駅でクッキーとかを売っている青年である。授産施設で作っている物だろう。

横断歩道から歩道の段差は、数センチであるが、視覚障害者にとってより、その障害は大きいのではないかと思った猫丸は、つい声をかける。

「大丈夫かい?」
「うん、大丈夫、ありがとう」

彼も猫丸も、にっこりしてすれ違った。
器用に段差を乗り越えていった彼の後ろ姿を見ながら、果たして自分が車いすの立場だったら、あんなに素直に「ありがとう」と言えただろうかと考えた。

車いすに座らなければならないと言うだけで、あらゆる人と話す時に、ほとんど見上げなければならない。仕事内容も制限される。そんな中で、素直な心は維持できるだろうか?

これは、あらゆる身体に関する障害に共通する事項であるが、「これでもか」というほど健常体の猫丸は、逆に言うと、障害に対する感覚が鈍い。自分がそうなるという感覚が鈍いわけだ。

人がかけてくれる優しさに、素直にありがとうといえる心を持っていることに感動し、振り返って自分自身について考えた。
優しくしてもらったのに、さらなる優しさを求めたり、逆によけいなお世話といらついたりしなかっただろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年11月13日晴れ

先日三島の町中を一人で歩いていると、前から歩いてくる親子連れ。そうだな、40才前後の母親と、幼稚園ぐらいの女の子、幼稚園も行っていないんじゃないかという女の子の3人連れが歩いてくる。
服装はといえば、「こぎれい」どころか、父兄会か何かの帰りじゃないかと思うほどきちんとした恰好(もちろん、猫丸は父兄会だろうと運動会だろうとアロハですけど)。

お母さんが、なにやら地面に落ちていた物を拾った!
前述のような服装をしているのに、道路に落ちている百円玉を拾ってしまうなんて、なんて根性の座ったおかぁさん。生活に困っていそうなわけじゃないのに・・・。と、勝手に思って少し注目していた猫丸。

数メートル行くと、またおかぁさんが何か拾った。

まてよぉ、そんな数メートルおきに100円玉が落ちているわけはない。もしかして、めちゃくちゃラッキーな星の元に生まれた人?神のご加護を受けてらっしゃるとか?

すれ違いざま、というか、今度は猫丸の1メートル手前くらいで、また腰を折るおかぁさん。
手先を見るとそこには、たばこの吸い殻が。

そう、このおかぁさんは、歩道に落ちているたばこの吸い殻を拾いながら歩いていたのだ。左手には、ビニール袋が握られていて、それに拾った吸い殻を入れている。

猫丸は、少なからず感動した。猫丸も思いっきりたばこを吸う方だが、決して道路に吸い殻を投げ捨てる人ではない。しかし、喫煙家であることは変わりないし、たまにはまだ条例で禁止されていないからと、歩きたばこもしないわけではない。
(そういっては何だが、銜えたままか、手に持つ時は、手のひらの中に火がついた先端が入るように持っているけどね)

道に落ちている吸い殻は、歩きたばこの後、投げ捨てられた物だろう。けっしてこのおかぁさんが、 帰り道が解らなくならないように、ちぎりながらおいていった物ではない。

たばこを吸う者として、人の物も自分の物もない、こうしてたばこを吸わないおかぁさんですら、街のために出来るホンの小さな事をやっているのだ。たばこの吸い殻を見たら、とにかく拾う癖を身につけることが出来るかどうか。がんばってみたいと思う。

もちろん、街を歩くチャンスはそう多くないので、癖に出来るかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年10月 | トップページ | 2003年1月 »