« 2002年9月 | トップページ | 2002年11月 »

2002年10月30日晴天

「おいおいいいかげんにしろよ」と、言われても仕方がない。
猫丸としては、毎日いろんな事を考え、いろいろなことをやっているわけだけど、いろいろありすぎて、なかなかここに書き込めなかったりしている。ごめんなさい。

友人が地元を離れていったり、友人が入院したり、就職したり、新しい事業を秘密裏に立ち上げてみたり。

何で毎日がこんなに忙しく、エキサイティングなんだろうと思う今日この頃。

おっと、パソコンが異様に調子が悪く、システムインストールを行ったも見た。
今日はこのことだけを書くことにしよう。

マウスが動かない。マウスだけならともかく、キーボードからの入力も受け付けない。
プリンタも動かない。
Power Macintosh CubeはこれらすべてのインターフェースがUSBで接続されている。
動かないなら動かないで居てくれればいいのに、動いたり動かなかったりする。切れかかった蛍光灯のような動きである。
まぁ、この症状で、原因を究明するのは難しいと思うのだが、USBのハブのランプが明滅するのに気が付いた。

USBの不具合である。接続順を変えてみてもだめである。「いよいよだめか」そんな気分が支配する中、違うOSで起動してみることにした。
Cubeで現在デフォルト使用しているのは、MacOS 10.2である。
9.2でも起動することが出来るので、すぐに言うことを効かなくなるマウスをだましだまし操作し、何とか起動ディスクを変更し、9.2で起動し直す。
どうだろう、ものの見事にスムースに動作する。
「あ、要するに10.2のUSBドライバが逝ってるんだ」
安易に考えて、10.2のCDから起動し直す。

ところが、これでも切れかかった蛍光灯のような症状。
この時に気が付くべきだった。だましだましシステムインストールをし直すも、症状は変わらず。
「そかそか。PRAMのクリアをしなければ」
単に設定などの不具合により症状が出ている場合は、初期設定ファイルを捨てたり、PRAMをクリアして直るケースも良くあった。あったんだけど、MacOS Xになってからは、この方法は使えるのか?

案の定、症状は変わらず。ここで、一つの仮説を立ててみた。
「いつからこの症状が出たんだろう・・・もしかしたら、スキャナを買ってからか?」
「すると、スキャナに問題が?いや、それなら9.2でも出るはずだ」
「まてよ?ハブが明滅するって事は、ハブに問題が?」

高いものではなし、とりあえずハブを買ってくることにした。
「すみや」で、ハブを選びながら、気が付いた。
「もしかして、つなぎすぎ?」
理論値では、256ものデバイスを接続することが出来るインターフェースであるUSBだが、ハブによっては自身に電源を持たず、パソコン本体から供給される電源だけで駆動する場合、高速転送できなくなるなど、不具合が発生する。

Cubeを買った頃にはほとんど持っていなかったUSBデバイスも、今や8種類に増えている。

「謎はすべて解けた!」

9口のハブを購入せずに、4口のものを再度購入。
つまり、現状で使用しているハブが故障しているという考え方で購入に踏み切ったのだが、購入途中で変更。
電源をもう一つ追加することで、カバーしようと思い直した。

この作戦は大成功。絶好調のCubeが復活した。USBの回路全体の電力不足が原因だったというわけだ。

しかし、システムインストールし直してしまった。
PRAMもクリアしてしまった。そこかしこに設定値の変更が行われてしまった。
Palmがシンクロしなくなっている。新たな問題は、自分で招いたことである。しばらく悩まされることになるんだろう、とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月16日星が見えそうなくらいの青空

徒然にもほどがあるというほど空いてしまった。

書くことがなかったわけでもないが、それ以上に忙しかったからか、酔っぱらってしまうネタが多かったからかは定かではない。

細かいことは端折るが、左手中指の爪が中程でぴしりと折れ、血がにじむ中これを書いている。
結構中指って使ってる。不便この上ない。(痛みもあるよ、もちろん)

それはともかく、最近のニュースからいくつか。
まずは「ビールの苦み成分であるイソフムロン類に脂肪蓄積抑制作用があることを確認」というニュース。
「ビールっ腹」
と言われるように、脂肪を蓄積するように言われているビールだが、こうなると言い訳がしやすくなる。覚えておこう、「いそふむろんるい」である。難しいのでコピペしてしまったが、再度確認。いそふむろんである。「腹が出るよ!」と言われたら、言い返すために覚えておかなければならない。

「腹が出る」ついでに最近流行なのが甜品だそうである。所謂中華点心の中のお菓子類のこと。
香港の甜品専門レストラン「糖朝」が青山にオープンしたらしいし、テイクアウト系ではマイシティ新宿に、その名も「香港スィーツ」という店がオープンしているらしい。

同じ甘いものを食べるなら、医食同源の薬膳スイーツってのもなかなか。折しも「食欲の秋」である。じゅる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月2日台風一過であつい〜

現在の警察の交通取り締まりが「大変良いことだ」と手放しに喜んでいる人はどのくらいいるだろう。

もちろん、スピード違反などを含む違法走行を推奨するわけでも飲酒しての乗務が「仕方ないこと」と開き直るつもりもない。

公務員のあり方そのものが、問題なのかも知れない。
かつて「聖職」と呼ばれた職業は、まさに「職業」になりはててしまっているし、政治家も言うに及ばない。

これらは、「社員教育のレベルの低下」以外の何者でもないので、他の一般企業のことを考えても、仕方のないことかも知れない。しかし、競合の多い企業であれば、社員教育の低下は、企業存続に影響を与える。
比して、公務員は、単に評判が悪くなるだけで、倒産することはほぼあり得ない。

話がそれたが、今日は三島市内に妙に車が多く、渋滞しまくっていた。まぁ、妙でも何でもなく、オータムジャンボの発売日というだけだったのかも知れないが。

しかし渋滞の原因は、オータムジャンボだけではない。今日は水曜日なので、多くの商店街の店舗がシャッターを下ろしていた。
これはこれで文句もあるが、今日の焦点は、違法駐車とそれを取り締まれない警察の活動内容である。

三島の商店街には、驚くほど違法駐車が多い。無料駐車場がないのが原因だが、力の弱い商店街にそれを期待するのは、また別の話。その違法駐車が渋滞を巻き起こしている。
一時期、街作りプロジェクトで、「商店街の遊歩道化(車両締めだし)」までが取りざたされたのが、嘘のように多い。

警察は「公僕」と呼ばれていたが、違っただろうか。
世のため人のために働いていたのではなかっただろうか?少なくとも、銭形平次はそうだったような気がする。鬼平もである。

飲み屋の前で待ち伏せをして、飲んで車に乗った人をつけて、言い逃れが出来ない程度走らせてから停めたり、物陰に隠れて一時停止を忘れやすい交差点を見張っていたりするのが、果たしてそういう職業のやることだろうか?

援護したいわけではないが、飲み屋の前で待ち伏せするくらいなら、芝本町の駐車場の入り口に立って、飲んでる人が入っていこうとしたら「運転しないですよね?」と念を入れるくらいのことをした方が、喜ばれるという物だ。それでも運転する奴は、捕まえた方がいいけど。
飲酒運転の罰金が増えて飲屋街が閑散とした話は前にも書いたけど、やり方が姑息だから、そういうことになる。
もっと愛されるやり方もあるだろうに。どんな商売だって、値上げになるとその分顧客満足度が下がるから、現場である店頭やサービス、営業がその分がんばらねばならなくなる。
警察にはそれがないってわけ。

そしてこの渋滞である。もっとがんがん違法駐車を取り締まって、常に駐車している車がないようにしたらどうだろうか。
もちろん「ちょっと買い物」でも路上駐車できないので、もしかしたら、商店街から文句が来るかも知れない。
でも、それならって、無料駐車場の話も商店街が考えなければならなくなるんじゃないだろうか?

飲み屋から客を減らし、商店街を違法駐車と渋滞でにぎやかすやり方より、ずっといいような気がするが、どうだろう。
でも、そういうこと、誰に言ったらいいんだろうね?小泉さん?石川さん?小池さん?(県警のえらい人の名前知らないし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年9月 | トップページ | 2002年11月 »