« 2002年9月22日雨 | トップページ | 2002年10月2日台風一過であつい〜 »

2002年9月25日いい天気

母と「祇園原用水」の話をした。
Googleの検索でも市のページが一つだけヒットするマイナーな用水路ではあるが、三嶋大社の宮司家系である矢田部の家で行った一大事業である。

社家の一員でもあり、当時は社家村の土地を利用して農業も営んでいた猫丸家は、この祇園原用水の使用権を持つ部農会にも在籍していたらしい。

で、まぁ、この祇園原用水の説明を聞いていたのだが、年をとると思いこみが強くなり、人の言うことが聞けなくなる。

自慢ではないが、地図を書かせたらかなりの腕前の猫丸である。
地図を書くというのは、方向音痴の方や、空間認識力の低い方には苦手なものらしい。
猫丸はこの能力のおかげで、小学生の頃は、知能テストで好成績を収め、「天才」の名を欲しいままにしたのである(嘘です)。

まぁ、そういうわけで、ほとんど間違いのない地図を書いて説明したのだが、この「祇園原用水」が「どこから」隧道に入っているのか明確にならない。

挙げ句の果てに、あるはずの「沢地川」が、沢地の村中から、壱丁田に流れ降りてきたところで、急になくなってしまう始末である。

加茂川町のある洞(谷間)と、壱町田の洞、そして徳倉の周辺をごちゃごちゃにしているようだった。

猫丸の書く地図がどうしても理解できずにいるので、話の埒があかず、しばらく時間をおくことにした。

すると、10分おきに思い出した新事実を言いにくる。
新事実の中にはまだ間違いがあったり、父から言われたことなども含まれている。
猫丸としては、実際にどこから隧道が掘られているのか、そろそろ想像できてきているのだが、「この辺からこうなの?」と聞くととんちんかんな答えが返ってくる。確証が得られないいらだちがある。

結局は壱町田のあたりで山の方に入って行く道があり、沢地川が大場川(神川)に流れ込む前のところで用水路が造られていることが解ったが、それと解るまでに2時間近くを要した。

行ったことがあって知っているのなら、そんなにかかるわけないのに。「人の話を聞く」難しさと、理解してくれない人に説明する難しさを感じずには居られなかった。

まぁ、今度サイクリングしに行ってみようと思っている。

|

« 2002年9月22日雨 | トップページ | 2002年10月2日台風一過であつい〜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2553/13964040

この記事へのトラックバック一覧です: 2002年9月25日いい天気:

« 2002年9月22日雨 | トップページ | 2002年10月2日台風一過であつい〜 »