« 2002年5月 | トップページ | 2002年7月 »

2002年6月25日晴れ!だよね

ネットジャム放送当時「スポーツ対決!」があったのを覚えてらっしゃるでしょうか?

もはやリンクも切れ切れだし、見る影もありませんが(^^;)一応、コンテンツとしては残っています。

紹介していた「スポーツチャンバラ」がやたら長いURLで移転してしまっている。

ところでこの放送の頃(1999年10月である)に、ほとんど知名度もなく、「スポーツ大好き!」なはずの秋山香織ですらその存在を認知していなかったマイナーなスポーツだった、スポーツチャンバラ。

なんと三島にも支部が出来たそうである。ここのところで、三島市内には、折込広告が出たりしているのでご存じの方も多いだろうが、猫丸的に、ちょっとびっくり。

創立30年を誇るこのスポーツ。果たしてここでブレークするんだろうか。調べていったら、来年の「わかふじ国体」では、デモンストレーションも行われるそうで、にわかにまともなスポーツのような気配を感じてきている。

こんな事になろうとは、猫丸もひめも、秋山香織も想像だにしなかったことだろう。

ちなみに練習場所は三島市立北上小学校体育館で、毎週土曜日、午後6時半から9時まで行われているそうです。

「静岡県三島市スポーツチャンバラ協会」の連絡先は、055-988-5575(甲斐さん)だそうです。どうだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月24日天下無敵の梅雨空

いきなり引用で恐縮なのですが、こういうパターンも最近多い。

つーことで、「PalmOS 搭載ノートPC」だそうなんだが、どう見ても、古代のワープロ。

小さなディスプレイがとってもおしゃれな印象なのは、猫丸だけ?

キーボードを最初から搭載したPalmというわけだが、その分ディスプレイも大きめで、560×160のワイド版。メニューなどはポップアップしてくる感じで、ある意味、さらにマックっぽいかも知れない。

MMCメモリスロットとSDカードスロットを搭載し、USBポートも備えているから、USBによりパソコンとのリンクやプリントアウトなども可能らしい。
それにしても、奥行き23.5cm、長さ31.4cmというから、立派なA4ノートパソコンサイズである。この大きさのサイズのPalmに意味があるかどうか、猫丸には解らない。1キロを切っているし、たぶん電源の問題も他のノートパソコンに比べれば、圧倒的に長持ちしそうで、使い勝手はいい。

いいがしかし、どうだ、これは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月23日いかにも梅雨

昨日は「短パンオフ」と称して焼き鳥を食べに行ってきた。

参加者は猫丸、雪風、はるか、みっちゃん、はるさん、ぬらりひょん、あきはの7名。

チャンピオンはぶっちぎりの「ぬらりひょん」でしたが、今回は準優勝に初めて女性のはるかさんが入ったことがトピックス。

「短パンオフ」とは、三島広小路の某焼鳥屋さんに短パンをはいていってお店の方にどれだけ「もてるか」を競う宴会オフで、今年で、第3回・・・のつもりだったんだけど、雪風が「俺が初代チャンプだった」という話から「ディフェンディングチャンピオンもやったことがある」という話になった。

さらに、昨年はぬらりひょんが参加できずにみっちゃんがチャンプに輝いている。

するってぇと
1.雪風→2.雪風→3.ぬらりひょん→4.みっちゃん
となり、今回は「5.ぬらりひょん」ということになる。

確かにそうだ、第3回の訳がない。第5回だった。
って、こんなバカな企画、5回もやっていたのか。

ちなみにその後、ファイナルファンタジー11見学のため、ほぼ全員が猫丸邸に移動、その際に、ときかわ氏、ラッキー氏と、ラッキー氏の知人であるお寿司職人さんが参加し、合計10名が猫丸邸でわやわやと10時過ぎまで過ごしていた。

ラッキー氏が買ってきてくれたアイスや、ときかわ氏の持ってきてくれたシュークリームなどが腹一杯なのに無くなってしまったことだけ記しておこう。

今回の準優勝賞品であったあきはさん提供のシュヴァルツカッツは、口開けこそされた物の、権利者であるはるかさんが大事にお持ち帰りしたことも記憶にとどめたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月19日晴れ!

WinMXがある意味マイブーム。
ブームかどうか怪しいけど、ファイル交換ソフトには、いろいろな意味で、賛否両論あるみたい。

hotwiredにもニュースがあったんですけど、猫丸もこれは賛成。
違法コピーはよくないし、著作権を持っている人の利害を侵害していることは間違いない。

でも、違法コピーで聴取する音楽は、CDショップで購入するCDを試聴するような物で、本当に気に入ったら、現物を買うだろう事は、間違いないと思うわけです。

そう考えると、猫丸的には「ラジオをちょくちょく聞くチャンス」の方がめちゃくちゃ減っています。

最近流行ってる曲や、新しいお気に入りをチョイスするのに、ラジオでローテーションの多い曲が気になることはあるけど、実はそのCDを購入していたかどうかと言うと、かなり怪しいものがある。いや、買ってないだろう。

しかし、実際に何曲かよく聞くように入れてしまうと、アルバムがでたときには、確実に購入するような気がするんですねー。

どちらかの音楽会社の社長が「シングル版のデータが流通していると理解している」とおっしゃっていたことがあったのですが、そのときは「いやー、アルバムごとコピーしちゃってるんじゃないの?」とは思ったんだけど。
でも、「新しいアルバム」がでれば購入してしまうし、つられて以前の物も見つければ購入してしまうんですね。

ラジオよりずっと効果的に購入に結びつけられると思うのですが、どうでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月18日雨降りの日はちょっとおセンチ

以前も書いた大宮町の交差点だが、(排水口の謎)あの交差点は、見れば見るほど不思議な作りをしている。

交差点から三島駅方面、西に向う道路は右側が路側帯、左側は歩道がある。

なのに、交差点から8メートルほどには、その「両側」ともにほとんどない。

どこを歩けばいいのか判らないが、とにかくしばらくは車道を歩く感じになる。
こんな作りの交差点は、他にもたくさんありそうだが、特におかしいのは、右側の路側帯である。
路側帯なのだから、線さえ引いておけば良さそうなものだが、交差点に近づくにつれ、どんどん狭くなり、最後には、民家の庭先に繋がってるんじゃないかというような方向に曲がって終わっている。

道路行政は面白い。企画段階から、現実化するまでのスパンの長い大きな道路も面白いが、こういう小さな路地は別の楽しみがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月17日梅雨空

久しぶりにまるまる休日だったはずなんだけど、結局夕方になって某所に呼び出された。

世間話程度の打ち合わせだったので、気軽に行ってきたのだが、まずは慣例にしたがってパソコンの修理(^^;)。

ノートパソコンがうんともすんとも言わなくなったとのことで、電源キーを押しても反応がない。
いろいろ考えたが、結局電源が入らないことにはやれることも少ない。
仕方ないので、電源コードを引き抜き、バッテリーをはずしてから、再度組み立て。
これだけのことで動くようになるんだから、パソコンはよく解らない。

本体の打ち合わせは、新しい店舗のコンセプト作りのお手伝いみたいな物。
お店を作ると言うことは、単に物を仕入れて(あるいは作って)売る以外のことがいっぱいある。

本や薬のように、あまり個性がないだろうと思われるような物でも、陳列一つで売れる売れないが決まるし、仕入れる商品も実はお店によってかなり個性がでる。

個性を売り物にする商品ではなおのことだが、案外何となく店を開いているお店も多そうである。
新しいお店ではなくても、個性は出せるし、考え方一つであるということを話しながら考えた。

開店コンサルタントってすげぇなー、なんか、こういうことを最初から系統立てて考えられるんだろうな、と考えさせられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月16日時々雨

所用で伊東に行ったついでに中伊豆ワイナリーに寄ってきた。
例によって試飲しまくりだったが、あそこのワイナリーで作られるワインそのものが、旨くなってきているような気がする。

ワインは「地酒」の極みのような種類のお酒で、日本酒同様、毎年作柄によって味が変わる。

というより、米以上にブドウの方が差が激しい。

試飲させてもらったシャルドネとリースリングの交配種である「信濃リースリング」を中伊豆の農場で育て、作られている白ワイン、非常に甘みが強くでていて「甘すぎるよ!」と言ったら、昨年は、降雨量も多く、甘みが強くでてしまったとのこと。
では、2000年はどうだったの?と聞くと、もう少し酸味の利いたワインだったとのこと。

作付け面積が多くないため、コスト高になり、他のワインに比べると少々高いのと、本数が限定されているので、手に入りにくい、と。

小さなワイナリーで、しかも地元にあるので、毎年この酒だけ手に入れてみてもいいんじゃないかという気にさせてくれた。

料理はまずかったが、ワインは、これでなかなか、楽しみな感じになってきた。
あとは、日本文化らしく、花を咲かせては散ってゆくような事にならないで欲しいと祈るばかりである。
小さなワイナリーらしくこつこつと何百年でもこの仕事を続けて欲しいと思うのは、猫丸だけだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月14日梅雨空

うかうかしているうちにワールドカップでは日本が初の決勝リーグへの進出を決めていた。

やるなニッポン。

サッカーとは何の関係もないが、先頃物置を整理していたら、nikonのカメラケースを発見した。

我が家の物置は、ご存じの通り(誰が何を知っていると言うことでもないが)何が入っているか解らない。

父の道具好きが物置に反映されてはいるが、このカメラケースは明らかに猫丸の物である。

ただし、なぜ、どのようにして手に入れた物かは謎である。
とにかく引っ張り出して、思案したが、やはり使い道は思いつかない。

まずは車にでも積み込んでおいて、考えることにする。
それにしてもいったいどうして持って居るんだろう。

他にも144MHz/433MHzのDualBand無線機などもでてきた。

とりあえずこれも車に積むことにする。
うーむ、確かに昔の猫丸の車はこんなだった。

今までの状態も、とてもシンプルで気に入っていたのだが、なにやらごちゃごちゃと積み込まれてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月8日あついなぁもぉ

突然ですが、大叔父様がお亡くなりになりまして。
大叔父様とは、要するに父の父の妹の連れ合いと言うことになります。
どこの誰かと言うことは、差し控えますが、とにかく近親の方だったわけです。

いろいろとお世話になった方でしたが、通夜、葬儀共に平日と言うことで、通夜にだけ伺わせていただきました。

不謹慎なネタで、書こうかどうしようか、悩んだのですが、とにかくびっくりしたことがあったので、書かずにいられません。

以前、ネットジャムの番組中で、編集長の関係でディジョリドゥの奏者をお招きしてその音を聞いたことがあったのですが、そのときにびっくりしたのが、ハーモニクス。

所謂「倍音」で、ギターの12フレットに軽くふれて、ピッキングすると、弦の長さの半分の振動が起こって、本来の音の倍の周波数の音が出るアレですが、ディジョリドゥは常に倍音を出しながら演奏されるわけです。

この時ではないのですが、「ハーモニクスという発声法を使って倍音を出しながら歌う手法がある」という話は聞いたことがありました。

話がそれたように見えますが、そうではなく。
最初、導師が単独で読経するところでは、少し高くてきれいな声で読経する人だなぁ、と思った程度の声でした。

しかし、本番の(どうも通夜の進行というのは解らないけど)読経になったとたん、異様なだみ声で、読経を始めたのです。
先ほどの声の持ち主とは思えないほどのつぶれた蛙のような・・・だれが青空球児・好児か・・・。

ところがこのだみ声、しばらく聞いていると、どこかでバイオリンのような高音が鳴り響いている。
「これって・・・ハーモニクス?」
そう、読経をハーモニクスで唱える導師だったんです。
びっくりして、「ねむい」はずの読経が驚愕のハーモニクスコンサートに。

実はこの前に会社の方の家の通夜に伺ったことがあったのですが、この時は導師のパフォーマンスがやたらかっこよくて、見ほれたのですが、こうなってくると、「第1回静岡県東部読経大会」とかあったら、絶対に見に行ってしまうんじゃないかと言うくらい、読経に惚れ込み始めました。

九字切り(臨、兵、闘、者、皆、陳、列、在、前っす)のようなパフォーマンス付き読経、ハーモニクスときたら、いやがおうにも他の読経も期待しちゃうじゃないですか。

とは言っても、読経は自分の家の宗派門以外のものを聞くには、今回のようなチャンスしかないわけで、「期待」するわけには行かない事態な訳ですね。

「読経大会」が現実の物になるかどうかかなり怪しいのですが「いや、実は俺も聞きたかったんだ」という方がいらっしゃいましたら、掲示板か、ここあたりに書き込んでみてくださいませ(だからって、実現する訳じゃないだろうけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月6日暑いってばぁ

まるで梅雨がどこかに行ってしまいそうな勢いで暑い。
この時期にはもう少し降って欲しいような気もするが、一年中で一番暑く感じられるのもこの時期。

身の回りでは、変に風邪がはやっている。「季節の変わり目」という奴で、夜は急に寒かったりするからだろうか。

猫丸自身は相変わらず風邪とは縁がない。所謂「高いところが好き」な部類なのかもしれないが。

長いこと咳が抜けないようなしつこい風邪をひいている人が数人いるが、毎日が暑いだけに治りが遅いようだが、猫丸は「寝るとき」だけは薄い掛け物にしないで、相変わらず毛布をかぶって寝ている。
寝るときさえ暖かくしていれば、一年中アロハを着て過ごせるというわけだ。

何が言いたいかというと、結局「天気より元気」、一年中アロハを着る元気を身につけるための技、というわけだが、猫丸の持つ超強力「バイオスーツ」皮下脂肪の存在を忘れるわけには行かない。

皮下脂肪が薄い皆さん、健康のために太りましょう。
他の病気が出るかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月5日暑い日

何とか全体的には、見通しが良くなってきたと言うことで、ゲーマ−な生活も出来るようになってきた。

ファイナルファンタジーXIプレイ中である。
プレイオンラインというゲームメーカーが運営するサーバにつなげないことにはゲームが始まらないオンラインゲームであるが、毎月お金がかかる。・・・いつまで払い続けることになるか、わからないなぁ。

でも、唐突にはまってしまった。
一人では何も出来ないゲームと言っても過言ではなく、「助け合い」「いたわり」「協力」というあまり意識しないでやってるか、知らない人とではなかなか出来ない行為が当たり前のようにその世界を作り上げている。

ネットワークゲームって、みんなこんなだったのかな。
純国産ものって、初めてだったのかな?とにかく、久しぶりにいろいろな人たちとの出会いを楽しんでいる猫丸です。

みんなも、やろうぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年5月 | トップページ | 2002年7月 »