トップページ | 2002年5月 »

2002年4月27日曇り

いきなり肌寒い毎日が続いています。

上着の持ち数が少ない猫丸は、一番寒いときはユニクロのエアテック、そこからアルファのMA−1、これまたユニクロのフリース、ヘリーハンセンのジャンパーと暖かくなってゆくわけですが、(毎年ほとんど同じ物着てるなぁ)ヘリハンを最近着なくなって(要するに新しいのが欲しいのね)今日あたりになると、朝からアロハだけで自転車に乗るのはさすがに堪えるような気温になってしまいました。
かといって、上着を着るほどでもないんですね、コレが。

今日はさすがに寒かったので、普通の長袖のシャツで出かけたわけです。

猫丸のアロハは、かなり定着しているようで、そんな恰好で会社に行ったら
「あら、今日はラフなかっこうしてるのね」

んーと、確かにアロハはラフな恰好ではないのかもしれないけど、一般的には、かなりラフな部類にはいるのではないでしょうか。今日着ていったシャツは、スーツにあわせるには確かに派手な部類にはいるのだけど、猫丸にしてはかなりおとなしいストライプだったんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年4月26日曇り

今日は某ねこの手工房に、パソコンサポートに行って来た。
iMacの電源ボタンを押してもうんともすんともなく、パイロットランプだけがつくという症状で、起動音もしなければ、画面も全く変化がない。

仕方ないので、一度電源キーの長押しで落として、今度は、コントロール+コマンド+起動キーで起動した。

「え、それはね、やってみましたよ。2度も!」
「あ、そうなんですか?」

ユーザのその言葉を聞く間もなく、スイッチを押してしまっていた。
マックの起動音がして間もなく起動画面が現れた。

「起動しましたね。」
「あれ?治ったんですか?」
「うーん、解らないんですけどね、なんとなく・・・」

アイコンパレードのあと、しっかりとデスクトップが表示された。

「問題ないようです・・・が。」
「人を見るんですね。人を見るものですか、コンピュータって。」
「(^^;)どうも、そのようです。人を見ます」

どうやら前日に3時間以上パソコンと格闘していたようだが、実際問題、3秒くらいで治ってしまった。パソコンとは、げに恐ろしき生き物なり。

生き物だったのか?そうだよな、人を見るし。犬くらいの知能は持っていそうだ。相性が悪いとかみつかれたりするのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年4月24日晴れ

いい天気が続くと、やはりどこかに行きたくなる。
旅行会社のチラシなんぞ入ろう物なら、居ても立っても居られないと言っても過言ではない。
昨年お世話になったHISのものだったりすれば、なおさらである。

今年の9月くらいに、またどこかに行きたい。

実は仕事中にふと思ったのだが、日本で仕事といえば「それらしいかっこうをして」「それらしい振る舞い」が、仕事だと思われる節がある。「仕事」そのものが。ひどく形骸化していて、仕事をしてもしなくても、それらしいことの方が大事そうである。

でも、誰もがウォール街でビッグビジネスをしているわけでもないし、誰もがシリコンバレーや、サンタフェで楽しそうな仕事をしているわけではない。

仕事さえちゃんとすれば、どんな恰好でも、いいし、「楽しそうにしている」んでもいいと思う。

やはりハワイである。南国だ!日本でも、南国風に生活してみよう、空がよけいに青く感じられるようになる。

さて、そういうわけだから、やはり南国の空気を充填しに行くことにしよう。あ、なんか脈略なかったか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年4月23日晴れ

以前から気になっていることがある。
気になっているのは、自宅から一番近い信号機がある交差点の道路に埋め込まれている、「ある物」である。

毎日見ているのに、違和感がある。説明しにくいのだけど、「それ」は南西の歩道と車道の境目くらいにある。

たぶん他の場所にもあるのだろうが、なぜこんな物が、ここにあるんだろう。

「それ」は公衆便所やプールにあるような排水孔の「ふた」である。田舎者だからだろうか、道路にこんな物があったのでは、すぐに詰まってしまいそうな物だと思うのだが、確かに今までここにゴミなどが詰まっているのは見たことがない。

お風呂の排水孔もほぼ同じ「ふた」だが、髪の毛が詰まったり、水垢でぬるぬるになってしまっているのをよく掃除するので、何となく気が気ではない。公衆便所の排水孔も決してきれいとは言えないし。

それでもこの「ふた」は、案外きれいで居続けている。道路に泥や小さなゴミがないのはこういうディティールに表れるんだなぁ。

それでも、違和感は否めない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年4月21日雨

久しぶりにパワーブックを持ち出してビジネスの打ち合わせをしようと思ったら、なぜか充電がろくに出来ていない。
「バッテリーが寿命かなー」と思って持参したACアダプタを取り出して、その辺のコンセントにプスリ。某ファミリーレストランでの打ち合わせだったが、一応ウェイトレスのおねぃちゃんの許可をもらって、コンセントを間借り。

しかし、なぜか充電が始まらない。ふとアダプタを見ると何か青白い光が飛んでいる。・・・・断線じゃん。

よく今まで火が出なかったものだ。少しあわてつつも、とりあえず適当に折り曲げるなどして、線がくっついた状態にしてその場をしのぐ。

帰りにすみやに寄って、アダプタを購入。
「こっち側のさ、AC側の方だけでいいんだけど」
「パーツでのお取り寄せは出来ません」
「えー?じゃ、今まで使ってたの買い取ってくんない?」
「お取り扱いしていません。」
ほとんどいやなオヤヂである。
渋々ながらも、ACアダプタを購入。・・・でもまてよ、確か同じ丸形のACアダプタでも、一度本体側のコネクタのサイズ変わったよなー。大丈夫かなー?
「パワーブックG3だけど、大丈夫だよね?」
「はい、共通ですから大丈夫です」
帰ってきてから確認したら、やはりサイズが違う。おかげで、本体側のアダプタ本体は古い物のまま。まぁ、店員のおねぇちゃんにごねて楽しんだし、べつにこれはこれで使えるからいいか。

それにしても9千円はかかりすぎ。よく考えたら、やはり「修理」で、コードを取り寄せた方が安かったかも。

「とほほ」な散財は続く。なんか、徒然日記と言うより、散財日記という趣になってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年4月20日曇り

自転車の話を書いたとたん、である。
いきなり朝起きると、自転車が無かった。

購入してから1年半にもなるし、サドルの一部は破けているし、フロンとフォークサスのブーツはくしゃくしゃになって、錆も所々に発生していた。

デザインこそ多少斬新ではあるけど、今更盗むほどの自転車ではないと気が弛んでいたせいもあるだろうが、鍵はかかっていなかった。
軒下からもっていかれたが、すぐ横にあったペトロマックスは持っていかれていなかった。

価格は似たようなものだし、ペトロマックスの方が持ち運びやすいというのに。
やはり使いやすいものは盗まれやすい。
灯油を入れてポンピングしてプレヒートした後にやっと明かりがともるようなランプは、中古の自転車よりも価値が無いとみられたわけだ。

価値あることがわかったのはいいが、とりあえず、毎日足代わりに使っていた自転車が無くなると、非常に不便である。

自転車のみならず、ハンドルにつけたライトも、鍵が無くちゃ役に立たないだろう錠前も一緒に持っていかれた。
一番良く使う交通手段になっていた自転車なので、これはもう、1日たりともなしで過ごすわけにはいかない。

深夜に盗まれた状況などから、思いつきの行動とも思い難い。
近くのパチンコ店や駅で見つかるものでもなさそうなので、買いに行くしかない。

買うとなれば物欲大魔王との決戦である。
できるだけリーズナブルな自転車で手を打ちたいとは思っているが、大魔王が許してくれるかどうか、今から心配である。

もちろん、大魔王との決戦を控えて顔がニヤついてしまうのを人にみ見られないようにするのが一番の苦労である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年4月19日薄曇り

上着を着ずに朝出かけられるようになってきた。
少し肌寒いけど、自転車に乗ってもどうしても上着が要ると言うほどではない。

考えてみると、もう4月である。
今年は海に行こうと思う。大瀬の海。でないと、自分のレギュレータが、なくなっちゃうかもしれないし(^^;)。

ダイビングサービスにメンテに出したまま、何年も取りに行ってないんだ。金は払ったけどね。
すっかりリゾートダイバーなので、自分の機材は、ここ数年使っていない。きっちり毎年ダイビングはしているのに、おかしな物である。

スクーバダイビング、今年は国内でも行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年4月18日晴れ!

かと思えば、1日あいてしまう間抜けさですが、ご容赦ください。

今日は、所用で小田原まで行って参りました。
久しぶりに箱根を登って、思ったことをいくつか。

実は猫丸、「法規は破るためにある」みたいな所がある割に、交通法規が大好きです。もちろん、いちゃもんですが。

日本ですと、交差点では「優先道路、直進、左折、左方、右折」みたいなヒエラルキーがありますがアメリカでは「先に入った者順」らしく、それはそれで非常に整然としております。
思うに、日本人というのは、マナーやエチケットという言葉の意味はよくわからないが、ルールだけは尊守したがる性癖があるようです。
上のような、ややこしいルールを決めなければ、交差点で譲ることも出来ない人が中心の国民性というわけです。

ところで、今日、箱根を登って、発見したのが、「トレーラーの荷台のみ」が、路肩に停めてありました。

これは、「違法駐車」なんでしょうか「路上投棄物」なんでしょうか。正確には、投棄しているわけではないので、投棄物ではないかもしれませんが、駐車でもないような気がして。

もしかしたら、今晩眠れないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年4月16日曇り

いかにも「夕方から雨が降りますよ」という天気なのに、車を洗ってしまった。

車を洗っていると、「なぜこんな思いまでして車を持たなくちゃならないんだろう」と思ってしまう。

タクシーなら、ぴかぴかの車でお迎えに来てくれて、維持費もかからないのに。

「ちょっとスーパーまで炒り胡麻を買いに行く」くらいのことでもタクシーを使っても、車を持っているよりはずっと安上がりだというのに。

もっとも、タクシーでエッチホテルに行く勇気はないけど(。_・☆\ ベキバキ

そぉかー、そういうチャンスをねらってたりするから、車が手放せないのかな、ホントかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年4月16日曇り

一日に2回書くな!と言われそうですが、そこはそれ、お納めください。

さて、先日来気になっていた事が一つあって、今日、確認のチャンスに巡り会えたので、確認をばして参りました。

「北山書店」という老舗の古本屋さんがあるのですが、この書店、数年前に移転してるんですね。

現在の場所はその前に「ツチヤ」があり、その前はミツイシ電化センター本町店だった場所です。この辺は記憶も確かです。

ところが、前にどこにあったかがさっぱり解らなくなって、困っていた・・・いえ、何も困ることはないんですけど、引っかかっていたわけです。

ご主人に直接確認したところ、今川口石材店がある所の北側半分だったそうです。あーすっとした。

店の並びが変わってしまうと解らなくなるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2002年5月 »